マイホームのメンテナンス

無印良品 ミニハンディモップが超便利!繰り返し洗えて経済的!

パパ
パパ
無印良品に良さげな掃除道具があったから買っちゃったよ!
はっち
はっち
小さくてカワイイ、モップだニャ〜♪( ´▽`)

こんにちは。

今回は以前から気になっていた『無印良品 ミニハンディモップ』を紹介したいと思います。

単なる小さいモップなんですが、無印良品の商品だけあってシンプルでカワイイですよね。

ハンディモップといえば取り替え式のウェーブを使用していたのですが、こちらの『無印良品 ミニハンディモップ』はモップが取り外せて洗濯ができるそうなんで経済的かなって思い購入してみました。

それでは早速、レビューしていきますね!

無印良品 ミニハンディモップのサイズ

サイズは非常に小さくて狭い所や手の届きにくい場所でもスイスイ入っていきそうなサイズ感です。

長さ(ケース込み) 幅(ケース込み) 奥行き
(ケース込み)
モップの長さ
33cm 6cm 4.5cm 18cm

無印良品 ミニハンディモップの重量

見た目の通り、重量は軽いです。本体とケース合わせても170g程度です。

本体 ケース
110g 60g

テーブルのガラス天板を掃除

早速、リビングテーブルのガラス天板を掃除してみます。

我が家のリビングテーブルのガラス天板はめっちゃ、ホコリが目立つ黒なんです。

まだ透明のガラスだったらホコリも目立たな良いんですけどね〜(T . T)

サッと一拭きしてみると結構、滑りも良くてホコリも残る事なく拭き取れます。

90cm角のテーブルなんですが5〜6回程、横に滑らせれば全て拭き取り完了です。

ホコリが残った感じもなく普通にモップの役割を果たしてくれます。

ピアノを掃除

ホコリが目立つと言えば黒い鏡面仕上げのピアノです。

綺麗に掃除しても1日も経てば細かいホコリが目立ちます。

又、鍵盤も凸凹していますのでモップでホコリを取ってからの固く絞ったタオル等で拭き取るのがベストですね。

使用してみますとホコリはテーブル同様、綺麗に取れます。

しかし鍵盤はこのハンディモップで良いのですが、ピアノの外側だったらもう少し大きいモップでも良いかなっていう印象でした。

車の内装を掃除

僕は男ですので男目線でいきますと車の内装の掃除に便利なんじゃないかなと思っていました。

早速、試したところ・・・良いですね〜!

最近の車の内装は黒が多いですよね?皆さん、そう思いませんか?

黒の内装はホコリは目立ちます。このハンディモップで掃除すると後は何もしなくて良い位にキレイになりました。

これは車の中に常備しておいても良いですね。

モップ部分の取り外し方と取り付け方

モップ部分の取り外し方はマジックテープ式になっていますので両側を開いてやれば簡単に取り外しが可能です。

又、洗濯して取り付ける場合にはモップの毛をマジックテープで挟まないように気を付ける必要があります。

モップの毛がボリュームがありますので挟みやすくなっています。

モップの洗濯方法

付属の説明書には

  1. 付着したゴミを取る
  2. 水や石鹸、中性洗剤で手洗い
  3. しっかり絞り、よく乾燥させる

となっています。

僕はまず、掃除機でモップのゴミを吸い取って中性洗剤で手洗いしました。

その後、手で絞って洗濯物と一緒に干して乾燥させたら元通りのフカフカのモップに蘇りました。

こうやって洗濯して何度も繰り返し使用できるのは経済的で嬉しいですよね(^ ^)

ミニハンディモップの収納方法

『無印良品 ミニハンディモップ』の収納方法ですがモップ本体とケース裏側にフックなどで吊るせるように穴が空いています。

その穴を利用して掃除道具などの収納場所に吊るして保管がいいんじゃないかと思います。

驚いた事にモップの先の穴だけで吊るしてもケースが落ちる事が無いので収納がし易いですね!

収納しなくてもインテリアの一部になる

わざわざ収納しなくてもただ置いておくだけでインテリアの一部になります。

デザインがシンプルですので何処に置いても馴染みますね。

何かインテリア雑貨みたいに飾っていても様になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

『無印良品 ミニハンディモップ』は本来の掃除道具としての機能性も高いし価格も手頃ですので各部屋に常備してもいいですよね。

又、シンプルなデザインですので収納する場所を選びません。

飾るモップといっても過言ではないでしょう(^_^)

贅沢を言えば替えのモップも数枚あるといいでしょうね。

後、僕はサイズ違いのハンディモップも欲しくなりましたので、次に無印に行った際にはGETしようと思います!

それでは、また♪( ´▽`)