マイホームのお話

大工さんや職人さんの差し入れは何がいい?労を労う気持ちは大事

大工 差し入れ

こんにちは。

皆さん、新築住宅の検討や打ち合わせなどは順調に進んでますか?

新築住宅を建てるとなると、様々な職種の職人さんがお互いの技術で完成します。

施主のあなたは建築中に何度か見学に行って職人さんと顔を合わせることもあるでしょう。

10年前に僕が新築した当時、住んでいる所から建築現場まで15分の場所だったけど、仕事がありましたので休日と平日の18時以降にしか見学に行けませんでした。

平日の18時以降ですとほとんどが誰も居なくて外観を見るくらいで、たま〜に職人さんが残業している時に何度かお会いできた事がありました。

その際に必要というか、やはり手ぶらでは挨拶もしにくいので差し入れを持っていくのですが、その職人さんに何を差し入れすればいいか悩まれる方もいらっしゃいます。

現在、僕は建設業で民間の仕事をする時には施主さんから差し入れをいただくこともあります。

そして若い頃には大工の見習いをしていた事がありますので、何の差し入れが嬉しいとか、これはちょっと困るなぁといった職人さんの気持ちが分かります。

そんな差し入れに困る施主さんの為に今回は『職人さんがいただいて嬉しい差し入れと困る差し入れ』のお話をさせていただきます。

必ずしも差し入れが必要ではない?

最近のハウスメーカーや建築会社に伺うと『職人さんに差し入れは必要ありません』と言われるところが多いです。

10年前に我が家を新築した際には僕もハウスメーカーからそんな話を聞きました。

僕が大工さんの仕事をしていた頃は田舎だったので、必ずと言っていい程、差し入れをいただいていました。

正直に言うと施主さんからの差し入れは当たり前と思っていたんです。

現場に行ったら飲み物など自分で買った事なんて1度もありませんでした。

ですので我が家を新築した際に『職人さんに差し入れ不要』と聞いた時には驚きましたね〜!

外構費用を安く済ませ過ぎたのが失敗?新築住宅が台無しになる理由 こんにちは。 憧れの新築住宅、夢のマイホームを建てられた方々、おめでとうございます。 ほとんどの方が人生最大の買い物...
キッチン掃除が楽になる。シンクのコーティングは新築時がお勧め! こんにちは。 突然ですが皆さんは毎日、キッチンのお手入れをしていますか? 我が家も新築当時は毎日、キレイにお手入れをしていま...

差し入れは職人さんを労う気持ち

いくらハウスメーカーや建築会社から差し入れは不要と言われても現場で職人さんと顔を合わせると手ぶらではちょっと気まずいですよね・・。

僕が大工の仕事をしていた事があるからこう考えるのでは僕だけですかね・・?

やはり、お金を払って家を建築してもらっているのですが、職人さんの労を労う(ろうをねぎらう)気持ちは大事です。

そういった気持ちは職人さんに伝わります。

差し入れに労を労う気持ちを込めて『お疲れ様です!毎日、ありがとうございます。』

その一言で職人さんたちも人間ですので『今日もがんばろう!』とか『この家の施主さん、明るくて気持ちの良い人だな。キレイな仕事してやろ!』そんな事を思うんです。

差し入れが有る無しではないんです。挨拶などの感謝の気持ちがあるだけで、実際に僕はそんな事を思ってましたよ!

棟上げ

職人さんの休憩時間

工期や施工日数で時間がなくて休憩をしない場合もありますが、職人さんの休憩時間はどの職種もほとんど同じです。

午前中の休憩 10時〜10時30分

午前中は8時前くらいから仕事を始めて10時から30分間の休憩です。

朝が早い方は7時くらいから仕事を始められている職人さんもいます。

職人さんの気持ち的には『ちょっと小腹が空いたなぁ〜』っていう時間です。

お昼の休憩 12時〜13時

12時から13時まではお昼の休憩です。弁当やお昼ご飯を食べに行きます。

職人さんはご飯を食べ終わると車の中で昼寝をする方が多いんですよ。

僕的にはこの時間帯には行かない方がいいと思います。

施主さんが来ると昼寝なんかしてたら体裁が悪いし、気を使いますので・・。

午後の休憩 15時〜15時30分

13時から2時間、作業をして15時から30分の休憩です。

昔はこの休憩に飲み物を飲むと家に帰ってからのビールがマズくなると言って午後からは何も飲まない年配の職人さんも多かったですよ!

夏場だったら熱中症になりますよ・・。

差し入れのタイミング

差し入れするのであれば、各休憩の時間の10〜30分前くらいに行くと喜ばれるでしょう(^ ^)

  • 午前は9時30分〜10時の間
  • お昼は11時30分〜11時50分の間
  • 午後は14時30分〜15時の間

休憩時間が終わってから差し入れは既に休憩もしているし飲み物も飲んでいますので、『明日にでも飲んで下さい。』と一言添えると良いでしょう。

職人さん

職人さんに喜ばれる差し入れ

10代〜70代の方まで幅広い年齢層の方が職人さんとして働いていますので、各年齢層の好みを知ることも大事です。

飲み物

これは鉄板です!差し入れと言ったら飲み物ですよね。

  • コーヒー(ブラック、微糖、甘いコーヒー)
  • お茶
  • スポーツ飲料
  • 炭酸飲料

10代〜40代まではコーヒーが好まれますね。ブラックは飲めないとか砂糖が入ってるとダメとか言うワガママな職人さんも居ますので数種類、用意する事をオススメします。

稀にコーヒーが飲めない方もいますので他の飲料も用意しましょう。

50代以上の職人さんになるとお茶を選ぶ方が多いです。

冬場、年配の職人さんに『おしるこ』『甘酒』も人気がありますよ。

僕もたまにいただく事があります。美味しいです・・( ^ω^ )

季節によっても好まれる飲料が変わる

ここで気を付けたいのが季節です。

季節によって職人さんが選ぶ飲料が変わります。

飲料/季節
コーヒー ◯ 冷たい △ 冷たい ◯ 冷たい ◎ 暖かい
お茶 ◯ 冷たい ◎ 冷たい ◯ 冷たい ◎ 暖かい
炭酸飲料 ◯ 冷たい ◎ 冷たい ◯ 冷たい ✖️ 飲まない
スポーツ飲料 ◯ 冷たい ◎ 冷たい ◯ 冷たい △ 冷たい

◎/めっちゃ飲む ◯/飲む  △/稀に飲む方がいる ✖️/ほとんど飲まない

基本的に職人さんはエアコンもない所で体を動かして作業をしていますので、個人差はありますが冬以外は暑い事が多いです。

冬以外の飲み物は冷たい飲料で良いと思います。

気を付けたいのは夏場の飲み物です。

真夏に常温の飲料をいただく事がありますが正直、飲めません( ;  ; )

気持ちはありがたいのですが、できる事ならクーラーボックスなどを用意すると気が利く施主さんだなぁ〜っと思われることは間違いないです!

春夏秋は冷えた飲み物、冬は暖かい飲み物を用意すると喜ばれるでしょう♪(´ε` )

500mlのペットボトルが1番人気

職人さん達には500mlのペットボトルが1番人気です!

350mlの缶の飲料では飲み切らないといけないし、夏場は量が足りません。

また、2ℓのペットボトルと紙コップを用意してくださる施主さんがいらっしゃいますが、残った時の処分に困ります。

パパ
パパ
せっかくいただいた物を捨てる訳にもいきません( ;  ; )

それに現場では紙コップを置くテーブルなどが無い事がほとんどですので、建築途中とはいえ、こぼしたりすると大変です。

できれば500mlのペットボトル飲料を差し入れしてくださると喜ばれるでしょう。

全く現場に来れない施主さんで500mlのペットボトルをケース買いして『自由に飲んで下さい』と何種類かの飲料を置いてくださったこともありました。

職人さんからしたら、こういった気遣いも嬉しいですよ!

お茶菓子

飲み物と一緒に差し入れの多いお茶菓子。

体力を使っての作業で職人さん達は休憩時間には少し小腹がすくことが多いです。

その為、ちょっとしたお菓子類は非常に嬉しいものです。

できれば個別包装のお菓子が喜ばれます。

コンビニスイーツも良いですよね。シュークリームとか・・。

ポテトチップスなどの1度、開けたら食べ切らないといけないお菓子は現場には向きません。

季節に応じた食べ物

季節に応じた食べ物は職人さんに人気があります。

夏であれば、アイスやかき氷など。

冬であれば、あんまんや肉まん、たい焼き、回転焼き等、非常に嬉しいですよ!

また、食べ物ではありませんが、夏には冷えたおしぼりなんかも喜ばれますね。

今まで僕がいただいた珍しい差し入れ

ちょっと参考までに僕がいただいた事のある珍しい差し入れを紹介したいと思います。

冷ややっこ

夏のお昼ご飯に暑さで食欲がないでしょ?ということで『冷ややっこ』を毎日、出していただいた施主さんがいらっしゃいました。

自分が持参したお弁当と一緒に食べてましたが、確かに夏場は食欲がありません。

こういった気づかいは非常に嬉しいですよね!感謝です(^ ^)

漬物

数種類の漬物をタッパーに入れて差し入れしてくださった事があります。

漬物はお茶によく合うんですよ!

食べだしたら止まらなくなりますね。漬物は・・。美味しかったです!

汁物

これもお昼ご飯の時ですが汁物を毎日、出していただいた施主さんがいらっしゃいました。

その時は冬場で寒かったこともあり、味噌汁やコーンスープ、コンソメスープ、シチューなどお弁当と一緒にいただいていました。

非常に暖まりました!有り難かったです(^ ^)

焼肉

これもお昼なんですが、施主さんが炭を起こして肉を焼いてくださった事が何度かありました。

『遠慮せずに食べろ!』と言われ、お腹いっぱいで昼からの作業に支障があったのは事実です(T . T)

面倒見のいい施主さんでしたね〜!

ビールや焼酎

作業終了時に施主さんがやって来て『お疲れ様です。これ帰ってから飲んでください!』と缶ビールや焼酎をくださる施主さんもいらっしゃいました。

若かった僕は『いただきま〜す!』って喜んで帰ってましたよ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

職人さんからすると飲み物は500mlのペットボトルで冬以外は冷たいものを。

冬であれば、暖かい飲み物か常温でもいいと思います。

また、お茶菓子や季節によって体を冷やしたり温めたりできるものがあれば尚、喜ばれるでしょう。

僕が大工の仕事をしていた時にいただいた珍しい差し入れのお話もさせていただきました。

当時の僕は若かったこともあり施主さんには、まるで子供や孫のように可愛がっていただきました。

そういった施主さんと職人さんの信頼関係も大事だと思います。

最近では着工から完成まで全く職人さんと顔を合わせないとか、顔を合わせても挨拶もしない施主さんがいるとも聞いた事があります。

是非、皆さんには自分の大事な新築住宅を作っていただいてる職人さんの労を労って、差し入れでもしてみてはいかがでしょうか?

それでは、また٩( ‘ω’ )و