マイホームのお話

戸建てorマンション、どっちを買う?違いや比較、決め方のコツ

戸建てorマンション

こんにちは。

皆さんは持ち家と言ったら何を思い付きますか?

パパ
パパ
僕が思い付くのは一戸建てor分譲マンションだけど・・。

そうですよね!

それでは正に今、家を購入しようとしている方!戸建てとマンションどちらを買いますか??

これは非常に難しい質問ですよね。

戸建てもマンション共にメリット、デメリットがあります。

売却や資産価値としての損得で判断する方もいらっしゃいますが、最終的な判断は何を優先するか?家を買ってどうしたいかで決断されると思います。

今回はそんな戸建てとマンションを買ったけど、実際はどうなのかを僕の体験談と知人、友人から聞いた事を織り交ぜながらお話しさせて頂きます。

一戸建てのメリット

僕は一戸建て派というか土地があったので、一戸建てを購入しました。

若い頃から戸建てに憧れていたのでマンションを購入する事は全く考えませんでした。

  • 騒音トラブルが起こりにくい
  • 庭いじりやガーデニングが楽しめる
  • リフォーム等が自由にできる
  • 住宅ローンが終われば支払うものは無い
  • 採光、通風がマンションに比べて良い
  • 駐車場までが近い

上記は一戸建ての代表的なメリットになります。

騒音トラブルが起こりにくい

やはり一戸建てですと隣家が離れていますので、騒音トラブルが起こりにくいです。

僕は一戸建てに住んでもう11年になり娘が生ピアノを弾きますが、騒音トラブルになった経験は1度もありません。

たまに僕もエレキやアコースティックギターを弾きますが、何も遠慮なく弾くことができます。

まぁ田舎って事もありますが、これに近い事が一戸建てでしたらできますよね(^ ^)

庭いじりやガーデニングが楽しめる

庭

これは僕にとっては大事な事です!

僕は庭が大好きなんで家に庭がなかったら寂しいですね・・。

庭では色々な事ができます。

ガーデニングがしたいとか、庭でバーベキューがしたいとか考えていらっしゃる方には断然、一戸建てをお勧めしますね( ^ω^ )

自宅の庭でバーベキューって迷惑?ご近所トラブルにならないコツは? こんにちは。 住宅を新築して外構も綺麗に出来上がり、親戚や友人を招いて新築祝いがてらにバーベキューでもと思っている方も多い...

駐車場までが近い

ガレージ

我が家は家の隣にガレージがあります。

玄関を出たら10歩程でガレージですので、車までが非常に近いです。

買い物から帰ってきて重い荷物があっても直ぐに玄関ですので、重い荷物を持ってそれ程、歩かなくてもいいです。

これがマンションで規模にもよりますが、エレベーターがあると言っても重い荷物を持ったまま駐車場からかなり歩かなくてはならない事もあるようですね。

また一戸建てですと自分専用の駐車場ですので洗車や車のメンテナンスだってできちゃいますすよね!

ガレージ、カーポート歴10年の僕が話す違いや価格、税金は?こんにちは。 今回はガレージとカーポート歴、共に10年の僕が使用してから分かるガレージとカーポートの違いや使い勝手などをお話したいと思...

一戸建てのデメリット

一戸建てならではのデメリットがあります。

  • 防犯性が不安
  • 家主自身で清掃、メンテナンスをする必要がある
  • 断熱性、遮音性がマンションに比べて劣る事がある
  • 2階建てになると老後が心配
  • 駅や学校の近くになるとマンションより割高になる

家主自身で清掃、メンテナンスをする必要がある

一戸建てでは当たり前ですが自分の家ですので、自身で清掃しなければいけません。

マンションでしたら共用部分は管理会社が管理してくれるでしょうが、一戸建てになるとそうもいきません。

また戸建て住宅は10年に1度程、外壁などのメンテナンスが必要です。

  • 外壁塗装及び外構の塀塗装
  • 屋根塗装
  • シーリング打ち替え
  • 防水シートの張替え
  • 防蟻処理 等

必ずしなければいけないものではありませんが、住宅を長持ちさせる為にはしっかりとしたメンテナンスが必要ですね!

断熱性、遮音性がマンションと比較すると劣る

マンション構造

マンションの構造はほぼ鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)です。

それに比べ戸建て住宅は木造、2×4、軽量鉄骨、重量鉄骨などの構造が大半を占めます。

最近の住宅は高断熱、高気密を謳って性能も良くはなっていますが、やはり鉄筋コンクリート造には敵いません・・。

断熱性や遮音性に優れているのはコンクリートの壁に要因があるようです。

確かにマンションに住む知人がエアコン1つで快適だと言っていましたが、僕が結婚前に住んでいた賃貸マンションは冬でも薄着で過ごせましたよ。

2階建だと老後が不安

マンションはワンフロアですので階段がありませんよね。

戸建ての2階以上になりますと将来、年老いて階段の昇り降りが心配ですよね?

僕もそれは考えたのですが1階に寝る場所があればいいんじゃ無いかなって思います。

年老いた事を考えればマンションだってエレベーターがあるけど、駐車場までが遠いなんて事がありますのでどちらが良いとも言えませんよね?

後悔しない二階浴室の間取り|老後が心配だけどメリットも多い!こんにちは。 今回は二階に浴室の間取りはどうなのか・・・?というお話をさせて頂きます。 二階に浴室を検討している ...

分譲マンションのメリット

マンション

マンション特有のメリットとして

  • 一戸建てと同じ予算で駅に近い物件が手に入る
  • 共用部分は管理会社が管理、メンテナンスする
  • 高層階になると眺望が良い
  • 階段の昇り降りがない

同じ予算で駅に近い物件が買える

マンションの最大のメリットは立地が良い事です。

立地の悪い所に建てると売れませんので、マンション販売会社は立地に拘ります。

その為、一戸建てと同じ予算で駅に近い物件が買える事が多いです。

例えば僕の知人ですが、駅から徒歩5分の立地(地方ですので悪しからず・・。)

新築一戸建て 分譲マンション
3500万円 2850万円

こんなにも差があります。

まぁこれで知人は決めたって言ってましたけど・・。

移動手段が車ではなくJRなどの公共交通機関を使う方にはマンションが良いのかなぁと思います。

知人の男性
知人の男性
駅に近いし戸建てより安かったので決めました!

高層階になると眺望が良い

これは僕も憧れます٩( ‘ω’ )و

高層階のバルコニーで夏は花火を見ながらビールとか!ヤバいですねぇ!

マンションですので蚊とか虫もいないでしょうし、優雅でうらやましいですね(^ ^)

一回で良いから住んでやってみたいです。

マンション 眺望

マンションのデメリット

マンションも1度は住んでみたいという願望がありますが、デメリットが非常に気になりますよね。

  • 庭がない、ガーデニングが楽しみにくい
  • 騒音トラブルになる可能性が多い
  • リフォームに制限がある事が多い
  • ローンが終わっても管理費や積立金の支払いがある

リフォームに制限がある

マンションの管理規約によって制限がある事が多いです。

リフォームの自由度が制限され思った通りのリフォームが出来ない事も・・。

勿論、共用部分もリフォーム不可です。

その点、戸建て住宅は想い通りに好き勝手にできますので、気になる方は戸建てがお勧めです。

マンション エントランス

管理費や修繕積立金、駐車場代の支払い

住んでいる限り管理費、修繕積立金、駐車場代を支払わないといけません。

勿論、マンションのローンが終わっても払い続けます。

仕事を退職してからの老後にこの支払いはちょっと考えものですよねぇ・・?

退職金がめっちゃ支給されれば良いですけど、退職金も少なく年金暮らしだと少し厳しいかもって思いますよ(T . T)

戸建て住宅VS分譲マンション

戸建て住宅と分譲マンションを比較してみました。

比較 戸建て住宅 分譲マンション
価格(同じ立地条件)
近隣トラブル ✖️ 騒音トラブルの可能性
防犯性 ✖️ 対策が必要  
清掃、メンテナンス ✖️ 全て自分で △ 共用部分は管理会社
老後 △ 階段が不安 △ 買い物の荷物運び
リフォーム 自由 △ 制限がある
断熱、遮音性 △ マンションには劣る 高性能
趣味 十分に楽しめる ✖️ 近隣に迷惑がかからないように気を付ける

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

戸建て住宅か?分譲マンションか?迷う方はかなりいらっしゃるのではないでしょうか?

どちらも共に優れている点や劣る点があります。

先にも書きましたが、売却による損得なしで検討すれば何を優先するか?家族のライフスタイルに合った住居を選ぶ事になります。

通勤や通学時間、買い物などの利便性を重視するならマンション趣味やペット、庭も欲しいのであれば戸建て住宅といった考え方をすれば自ずと答えは見えてくるのではないでしょうか?

僕は若い頃に広く浅くですが趣味も色々とありましたし庭も絶対に欲しかったので、迷う事なく戸建てを選びました。

新築から10年経った今でもそれで良かったと思ってます。

それでも一生に一度くらいはマンションに住んでみたいですね・・(^ ^)

高層階のバルコニーで夜景を見ながら・・ワインなんて・・♪(´ε` )

新聞の折り込みチラシを見て『宝くじが当たったらセカンドハウスにマンション買うぞ!』って密かに企んでます。

という事で皆さん、思い切り悩んでくださいね!

それでは、また!