マイホームのお話

おしゃれな家にはオーダーカーテンがオススメ!相場より安くなる方法は?

こんにちは。

皆さんは新築時のカーテン類はどうされてますか?
建築会社の提案のままに購入されましたか?

せっかくの新築ですのでオーダーで
カーテン類も色々とこだわりたいですよね。

しかし、オーダーカーテンってめっちゃ高いし
そんなに予算が掛けれないのが現状ですよね。

そう思ってる皆さん、この際
自分で買って自分で取り付けちゃいましょ!

という事で今回はオーダーカーテンのお話をさせていただきます。

オーダーカーテンの種類

家のカーテン類には色々な種類があります。

  • カーテン
  • ブラインド
  • 縦型ブラインド(バーチカルブラインド)
  • ロールスクリーン
  • シェード
  • プリーツスクリーン

上記の種類にメーカー、色柄、仕様など数多くの
物があります。

この中から自宅に合うものを見つけるのも
頭を悩ませますよね・・。

オーダーカーテンの相場、価格

オーダーカーテンの価格・・。
これが一番の悩みです。

予算があれば好きな物や気に入ったものを選べばいいだけですが、中々カーテンに予算をかけれる方は少ないと思います。

一般的な新築でカーテン類の費用の相場は約30万〜50万と言われます。

窓1枚につき、平均2万〜3万位だそうです。

僕も新築時のハウスメーカーのカーテンプラン見積もりは50万ほどでした。

払えなくはないんですが『高っか!!どうにかならんかな?』
と思い色々と模索していました。

建築会社のカーテンプラン見積もり

建築会社の見積もりのオーダーカーテンを品番で調べるとほとんどが定価です。メーカー希望小売価格です。

実際は取付工賃が含まれていますので実質、定価よりは若干、安くなってる程度です。

これをネットでオーダーカーテンのオンラインショップ等で見積もりを依頼してみてください。

ビックリ!!めっちゃ安くなります。

僕の場合、ハウスメーカー見積もりが約50万で
オンラインショップの見積もりが約26万ほどでした。

しかも、カーテンのグレードをアップしたのにですよ!

非常に悩みました・・。

もしオンラインショップでカーテンをオーダーしたら?

まあ、色々と面倒な事は多いです

・ 自分で各窓を採寸
・ 色、素材、仕様を決める
・ 自分で取り付け

上記の項目に自信があれば絶対、
オンラインショップでオーダーした方がいいです。

僕も非常に悩みました。

でも50万が半額になるのならやる価値は十分にあると・・。

そして、決めました!

とりあえず簡単そうな物をオーダーしてみよう

これは僕の場合ですが全部、一気に発注すると採寸を間違ったりパニクってしまうといけないので簡単そうな物をオーダーしてとりあえず、自分で取り付けてみました。

オーダーしたものは子供部屋のブラインド2枚。

採寸の仕方、取付位置をオンラインショップの説明をよく読んでビビりながらオーダーしたのを覚えています。

取り付け工具にはドライバーが必要ですが
ここは数十万円も安くなるのだからと作業効率を考えて3万円程のインパクトドライバーを購入。

到着したブラインドを恐る恐る、インパクトドライバーを使用して取り付けてみると・・・。

めっちゃ簡単!!

初めてでも1窓、10分もしないで取り付け可能です。

部屋ごとにオーダー

初めての取り付けで自信が付きましたが調子に乗らず
少しづつ、部屋ごとに簡単な物からオーダーしていきました。

その結果、全ての部屋を自分で取り付けてオーダーカーテン費用が半額で済みました。

建築会社のカーテンプランよりもアップグレードした内容で半額です。
お得でしょ!

オーダー時の採寸が大事

オーダー時に採寸が必要ですが
この採寸を間違うと大変な事になります。

オーダーですので返品もできません。

採寸だけは確認に確認を重ねて慎重にやりましょう。

取り付け位置も大事です。
窓枠の上側や天井に取り付ける天井付け。

壁に取り付ける正面付け。

この2種類の取り付け位置と採寸が間違いなければ
後は楽勝です!

建築段階で下地を入れてもらいましょう

建築会社のカーテンプランの場合には建築会社が
そのプランに合わせて下地を入れます。

しかし、ご自身で取り付ける場合にはここに取り付けたいという希望があればその場所に下地を入れてもらいましょう。

そうする事でご自身の好みのカーテン選びが可能になります。

取り付けに必要な道具

ドライバー

取り付けにはドライバーが必要です。

可能であればインパクトドライバーがオススメです。

スピーディーに取り付けができて力も必要ありません。

脚立

窓の上部に取り付けしますので脚立が
必要になってきます。

ご自宅の窓とご自身の身長に合わせて脚立の
高さを選びましょう。

コンベックス

一般の方が言う『メジャー』です。

取り付けにも採寸にも必要です。

100均でも購入可能ですができればホームセンターで
少し良いものを購入しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

やはり、オーダーカーテンもDIYでオーダー注文から取り付けまですると節約できることがお分かりになったでしょうか?

先程も書きましたが僕も本当に『自分でできるかな?』『できなかったらどうしよう?』と悩んでましたがやってみると非常に簡単です。

DIY初心者でもできる作業だと思います。

オンラインショップでオーダーする際にはサンプルも請求可能なショップが多いのでイメージ違いという失敗も少ないと思います。

是非、皆さんもオーダーカーテンのDIYを節約しながら楽しんでみてはいかがでしょうか?

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。