マイホームのお話

新築のオーダーカーテンが相場より安くなる方法|採寸〜取付をDIY

こんにちは。

突然ですが、皆さんは新築時のカーテンはどうされますか?

  • 新築したけどオーダーカーテンが高過ぎる・・
  • オーダーカーテンの予算が少ない・・
  • カーテン費用を安く済ませる方法はないかな・・?

このような悩みを解消します。

ハウスメーカーや建築会社が提案するオーダーカーテンは、めっちゃ高いしそんなに予算が掛けれないのが現状ですよね?

しかし、念願の夢のマイホームです!

こだわりのオーダーカーテンのインテリアで新生活を楽しみたいものです。

という事で今回はオーダーカーテンの費用を安く抑える方法のお話をさせていただきます。

オーダーカーテンの種類

住宅のオーダーカーテン類には、様々な種類があります。

  • カーテン
  • ブラインド
  • 縦型ブラインド(バーチカルブラインド)
  • ロールスクリーン
  • シェード
  • プリーツスクリーン

上記の種類の他にもメーカー、色柄、仕様なども様々。

その中から自宅に合うものを見つけるのも大変、悩むんですよね・・。

このサイトでは上記のカーテンの種類を全てオーダーカーテンと呼ばせていただきます。

オーダーカーテンの相場、価格

オーダーカーテンの価格は・・・?これが一番の悩みです。

予算が十分にあれば気に入ったものを選べばいいだけなんですが、できることならカーテンの予算は安く抑えたいと思っている方がほとんど・・。

一般的な新築住宅でオーダーカーテン費用の相場は約30万円〜50万円といわれています。

窓1枚につき、平均2万円〜3万円くらいが目安です。

僕も新築当時、ハウスメーカーのカーテンプラン見積もりは50万円ほど・・・。

平常心を装って『ヘェ〜、50万円ですか。』と平気な顔をしていましたが、内心は『マジ高っか!!カーテンで50万???ヤバイでしょ・・・(°▽°)』と思っていました。

そこでカーテン費用を何とか安く抑えようと思い、色々と模索していました。

建築会社のオーダーカーテンプラン見積もり

ハウスメーカーや建築会社が提案するオーダーカーテンの品番を調べるとほとんどが定価。メーカー希望小売価格です。

それに加え、取付工事費が含まれていたり取付費は別途だったりもします。

このオーダーカーテンの品番をネットのオンラインショップ等で見積もりを依頼してみてください。

ビックリですよ!!めっちゃ安くなります(^ ^)

我が家の場合はですが、ハウスメーカー見積もりが約50万円オンラインショップの見積もりが約26万円ほどでした。

しかも、カーテンのグレードをアップしたのにですよ!

これを施主支給にするべきか、非常に悩みました・・。

オンラインショップでカーテンをオーダーしたら?

もしも、オンラインショップで全てカーテンをオーダーしたら、色々と面倒な事は多いです

  • 自分で各窓を採寸
  • 色、素材、仕様を決める
  • 自分で取り付け

上記の項目に自信があれば、絶対にオンラインショップでオーダーした方がいいです。

僕も非常に悩みました・・・。

でも50万円が半額になるのなら、やる価値は十分にあるんではないかと・・( ̄∇ ̄)

そして、決めました!

ハウスメーカーに依頼せずに、自分でオンラインショップでオーダーして取付もDIYすることを・・・٩( ‘ω’ )و

採寸が簡単なものからオーダーしてみよう!

僕の場合、全部を一気に発注すると採寸を間違ったり、パニクってしまうといけないので、とりあえず簡単そうなものをオーダー。

オーダーしたものは、子供部屋のブラインド2枚。

採寸の方法、取付位置をオンラインショップの説明をよく読んでビビりながらオーダーしたのをよく覚えています(°▽°)

オーダーしたブラインドを取り付けてみる

取り付けにはドライバーなどの工具が必要ですが、ここは数十万円も安くなるのだからと作業効率を考えて約3万円ほどのインパクトドライバーを購入。

到着したブラインドを恐る恐る、インパクトドライバーを使用して取り付けてみると・・・。

めっちゃ簡単!!

初めてでも窓一枚、10分も掛からず取り付けができました(^ ^)

DIYにはマキタ18Vインパクトドライバーがオススメ! 今回はマキタのインパクトドライバーTD171DGXを買っちゃいましたので、レビューさせていただきます。 インパクトドライバーは...

部屋ごとにカーテンをオーダー

初めての取り付けで自信が付きましたが、調子にのってはいけません!

調子にのると必ずミスをしてしまう性格なので、ここは慎重に少しづつ、部屋ごとに簡単なものからオーダーしていきました。

住宅一軒分を数回に分けて注文。

オーダーカーテン費用を半額にすることに成功

その結果、全ての部屋を自分で取り付けが完了して、オーダーカーテン費用を半額に抑えることに成功しました。

ハウスメーカーのカーテンプランよりもアップグレードした内容で半額です。

絶対にお得でしょ!

カーテンはオーダー時の採寸が大事

オーダー時に採寸が必要ですが、この採寸の測り方を間違うと大変な事になります。

基本的にオーダーですので、返品や返金ができません。

採寸だけは確認に確認を重ねて、慎重にやりましょう。

取り付け位置も大事です。

  • 窓枠の上側や天井に取り付ける天井付け
  • 壁に取り付ける正面付け
パパ
パパ
この2種類の取り付け位置と採寸が間違いなければ、後は楽勝です!

建築段階でカーテン下地を入れてもらいましょう

ハウスメーカーや建築会社のカーテンプランの場合には、プランに合わせて下地を入れてくれます。

しかしご自身で取り付ける場合、取り付け位置に希望があれば、その位置に下地を入れてもらいましょう。

そうすることで、カーテンの選択の幅が広がります。

オーダーカーテンの取り付けに必要な工具

インパクトドライバー

可能であれば、インパクトドライバーがオススメ。

手回しのドライバーでも良いのですが、腕力が必要になります。

インパクトドライバーや電動ドライバーであれば、スピーディーに取り付けができて力も必要ありません。

オーダーカーテンの枚数にもよりますが、購入しても元が取れますよ!

脚立

窓の上部に取り付けしますので、脚立が必要です。

自宅の窓とご自身の身長に合わせて脚立の高さを選びましょう。

コンベックス

一般の方がいう『メジャー』です。

取り付けにも採寸にも必要。

¥100ショップ等でも購入可能ですが、JIS規格ではありませんので誤差がでることも・・。

できれば下記のようなメーカー品で、少し良いものを購入しましょう。

差金

この道具はビス穴の印を付けるのに便利です。

オーダーカーテンの施主支給

オーダーカーテンの採寸、注文はできるかもしれないけど、取付DIYは難しそう・・・(T . T)

そんな方はハウスメーカーや建築会社に『施主支給は可能か?』問い合わせてみましょう。

可能であれば、ご自身でオーダーカーテンを購入して取付工事のみをプロにしてもらいます。

取付工事費が別途、必要になりますが、それでも全てハウスメーカーや建築会社に任せるよりは費用を安く抑えることが可能になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

オーダーカーテンはオンラインショップで注文して取り付けもDIYすると、かなりの費用を節約できます。

先にも書きましたが、僕も本当に『自分でできるかな?』『できなかったらどうしよう?』と悩んでましたが、やってみると非常に簡単です。

DIY初心者でもできる作業だと僕は思います。

オンラインショップは、サンプルが請求可能なショップが多いです。

イメージ違いという失敗も少ないと思うので、活用しない手はありません。

是非、皆さんもオーダーカーテンをご自身で注文、取付して費用を節約しながら楽しんでみてはいかがでしょうか?

それでは、また・・・♪(´ε` )