外構のお話

外構費用の相場っていくら?業者の見積金額がそれぞれ異なる理由

パパ
パパ
業者に見積もり依頼したんだけど、外構費用に相場ってあるの?
はっち
はっち
使う材料やプランによって全く違ってくるから相場はあって無いようなもんだよニャ〜

こんにちは。

  • 外構費用の相場が知りたい
  • 各外構業者の見積もりが異なる理由は?

このような悩みを解消します。

皆さん、ぶっちゃけ幾らくらいの外構予算を用意してますか?

そうですよね・・。

我が家もそうでしたが、やはり外構には予算が掛けられないのが現状です。

という事で今回は、皆さんが気になる外構費用の相場のお話をさせて頂きたいと思います。

一般的な外構費用の相場

一般的に新築の外構費用の相場は住宅建築費用の約10%といわれています。

住宅建築費用の10%を外構費用でバランスのいい外構ができるといったところです。

1700万円の住宅   外構費用 170万円

2000万円の住宅   外構費用 200万円

2500万円の住宅   外構費用 250万円

3000万円の住宅   外構費用 300万円

いかがですか?予算をこれくらい用意していますか?

もちろん、これは新築外構費用の相場でありリフォーム外構には該当しません。

リフォーム外構は既存のものを撤去して作り直す為、新築外構よりも費用が高額になるケースが多いです。

あって無いような外構費用の相場

各外構業社の見積もりの比較

ネット(yahoo知恵袋等)で外構費用の相場の質問をされている方をよく見かけます。

『見積もりを見たけど高いか安いか分からない』

『2、3社の相見積もりを比べたがプランも使用材料も違うので比較できない』

『単位が違うので比較できない』

こんな質問が非常に多いようです。

そりゃそうです。新築住宅の見積もりでしたら皆さんの要望、希望が明確ですので各社、ほぼ同じような間取り、建坪で見積もりの比較しやすいと思います。

しかし外構に関しての希望、要望は『カーポートだけは欲しい!』とかそれくらいになってしまう事が多いので、プランはほぼ外構業者任せになってしまうことが多いのです。

その為に業者の外構プラン、使用材料等が異なり、見積もりが各社、バラバラで比較しにくい状況になります。

稀に外構にも明確な希望、要望を持っている方がいらっしゃいます。

そんな方は見積もりの比較検討がしやすいので、ある程度は勉強してプランはご自身で考えることをオススメします。

地域によっても外構費用の相場が異なる

地域によっても外構費用が異なる場合があります。

その理由は、使用材料の価格が地域で異なるから。

  • コンクリート
  • 砕石
  • 化粧砂利
  • 砂など

上記の材料はほどんどの地域で価格が異なります。

その為に見積もりも価格差があり、単価も異なり見積もり比較が難しいのです。

施工方法、材料運搬で相場が異なる

施工方法や材料運搬で相場が異なります。

見積もりに次のような項目があると思います。

  • 残土運搬
  • 残土処理
  • 砕石運搬費
  • 重機回送費
  • 材料搬入費

上記の項目は全て運搬に関わるもので、外構業社の土場(土を捨てる場所や材料がある場所)から施工するお宅の距離で費用が異なります。

この運搬費用には相場がないので、各業者の言い値になることも。

また業者の規模によっては、土場(土を捨てる場所や材料がある場所)を持ってない業者も
あります。

そういった業者は他の業者にお金を払って残土を処分したりしますので、見積もりが高くなるのは当たり前です。

正直、この項目は一般の方には調べようがないので、外構業者にとってはおいしいところになっているのも事実です。

外構業者の見積書 分かりにくい項目を画像付きで解説 こんにちは。 外構業者に見積もりを依頼したけど、何の事が書いてあるのかさっぱり分からないという方も結構、いらっしゃるんでは...

外構業社で相場が異なる

外構を検討されている方なら、一度はネットで外構業者を検索したことがあるかと思います。

僕もお庭をDIYするのに外構業社の施工例をよく検索して参考にさせて頂いています。

そこで同じ外構業者でも次のようなタイプに分けられます。

非常にデザイン性やクオリティの高い業者

デザイン性は高く無いが外構の機能だけを追求している外構業社

一方で極端過ぎますが、素人がDIYで作ったレベルの外構業者

仮にこの3つの業者の見積もりをとったら、全く違った見積もりになるのは明らかですよね。

業者によっても相場が異なるのが現状です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

正直な話、外構費用の相場はあって無いようなものです。

各社、運搬距離や使用材料、工種に価格差があり過ぎて比較できないことも。

このように外構は相場の分かりにくい業種ですので、悪徳業者も一部、存在するのも現実です。

そんな業者の言い値が相場になったような価格で契約しないように、外構について十分に勉強して比較検討しましょう。

素敵な外構が完成することを願っています!

それでは、また・・・♪(´ε` )