外構のDIY

コンクリートの配合や作り方。外構やお庭をDIYしよう!

こんにちは。

お庭や外構のDIYには欠かせない材料の1つに
コンクリートという材料があります。

また似たような材料にモルタルといわれるものもありますが、皆さんはこのコンクリートとモルタルの違いをご存知ですか?

そうです。骨材(砂利)の有無ですね。

このコンクリートはかなり奥が深いもので僕も長年、建設業をやってますが細かいことになると、まだまだ知らない事も多数あります。

今回はそんな奥の深いコンクリートのお話をさせていただきます。

セメントとコンクリートとモルタル

それでは、おさらいです。

コンクリート、モルタル、セメントが同じものと思っていらっしゃる方も少なくはないので説明していきます。

セメント

セメントとはコンクリートやモルタルを作る材料の一つです。

石灰を原料として灰色の粉末状の物です。

ホームセンター等で25kgの袋入りで¥400〜¥500程で販売されています。

コンクリート

コンクリートとはセメント、細骨材(砂)、粗骨材(砂利)を練り混ぜて硬化した物をコンクリートと言います。

硬化してない状態のコンクリートを生コンクリートと呼びます。

モルタル

モルタルはセメントと細骨材(砂)を練り混ぜた物です。

粗骨材(砂利)が入ってない為、取り扱いや練り混ぜがコンクリートに比べて簡単です。

コンクリートの強度

コンクリートはモルタルに比べて強度があります。

外構、庭だけでなく公共工事でも橋や道路、建物など
至る所に使用されています。

一般的にコンクリートの強度を呼び強度といい
コンクリート工場から出荷されるコンクリートには
呼び強度が指定できます。

この呼び強度を簡単に言いますとコンクリート中のセメント量です。

数字が多ければ多いほどセメント量が多いことになります。

他にコンクリートの強度には骨材の大きさや空気量、水の量でも変わってきます。

また、コンクリートを打ち込み時の締め固め具合や硬化するまでの養生方法などでも強度が左右されます。

コンクリートの用途

先程も書きましたがコンクリートは至る所に使用されています。

僕たちの身近なところでは

・家の基礎
・駐車場の土間(コンクリート舗装)
・ブロックの基礎
・タイル張りの下地コンクリート など

強度の必要な重要な場所に使用されるのがコンクリートです。

さらに強度が必要な場合には鉄筋を組んでコンクリートを打ち込む鉄筋コンクリートが使用されます。

コンクリート打ち込み時のバイブレーターは何の為?

コンクリートを打ち込む際には通常、コンクリートを締め固めるバイブレーターというものが必要です。

これは公共工事等では使用するのが当たり前というか、それがないとコンクリート打設ができません。

しかし残念ながら民間の小規模外構工事等では使用する業者の方が少ないのも現実です。

それは業者にコンクリートに関する知識が少ないのも原因の一つだと僕は感じます。

少し話が外れましたがバイブレーターはコンクリート内の空気量を調整して締め固める道具です。

バイブレーターは使わないと空気だらけのコンクリートになり使い過ぎると材料分離(骨材とセメントペーストが離れる)する原因になります。

正しい使用方法がコンクリートの品質を確保するといっても過言ではありません。

コンクリートの養生方法

養生方法を簡単に言えば保管方法です。

コンクリート打設後の保管方法をどうするかで強度が左右されます。

これも残念ながら民間の外構工事等では適切に養生されている事の方が珍しく思います。

皆さんもよそのお宅の外構工事を目にした事があると思いますが駐車場の打ち込み後のコンクリート舗装に何かされていたのを目にした事がありますか?

多分、誰も入らないようにカラーコーンで囲ってある程度でしょう。

その時点で既にコンクリートの正しい養生ができていません。

コンクリートが呼び強度の強度に達するまで打ち込みから約28日前後かかると言われます。

その間、コンクリートは乾燥を避ける為に直接当たる日光を遮ったり湿潤状態にする事が望ましいです。

具体的にはコンクリートに布等の物で日光を遮る為に覆ったり散水するなどして急激な乾燥を防ぐ必要があります。

よくネットで質問されている方を見かけます。

駐車場のコンクリートを打ち込んだ後に雨が降ってきて濡れてるんだけど大丈夫ですか?という質問です。

ズバリ、コンクリート表面が硬化した後に雨に打たれるのはむしろ良い事です。

コンクリート表面が硬化しないうちに雨に打たれるのはNGです。

表面が雨模様になります。

因みに僕は自宅の駐車場のコンクリート舗装をした際には毎日、花壇の花に水を遣るようにたっぷりと散水してました。

これだけでも全然、違いますのでDIYでコンクリートを打設した際には散水養生をお勧めします。

コンクリートは自分で作れる?配合は?

もちろんモルタルと同様、自分で作れます。

配合は砂利6、砂3、セメント1の割合です。

大量に必要な場合には生コン工場から購入することをお勧めします。

生コン車で配達もしてくれますが自分で取りに行く事もできます。

コンクリートの作り方

コンクリートを作る際の道具

・角スコップ
・トロ箱
・一輪車
・バケツ
・レンガ鏝

大量に作る場合にはトロ箱や一輪車で練って、少量の場合にはバケツにレンガ鏝で練るのが良いでしょう。

コンクリートの作り方の順序

コンクリートの作り方には順序があります。

まず、砂とセメントを混ぜ合わせます。

均等に混ぜる事が出来たら砂利を入れて混ぜます。

そしてさらに水を加えて混ぜます。

好みの硬さになったら出来上がりです。

コンクリート作りのコツ

砂とセメント、砂利を混ぜる際には大量に入れ過ぎないようにしましょう。

入れ過ぎると下の方は混ぜる事が困難になり混合不足になる可能性があります。

水を加える際には少量ずつ加えましょう。

一気に入れるとコンクリートの硬さを調整ができずに柔らかい水に近いようなコンクリートになる可能性があります。

何をするにでも面倒ですが少しずつコツコツと作業するのが成功への近道です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

コンクリートは外構、お庭をDIYして作る上で欠かせないものです。

作り方もモルタル同様、数回作ればコツが掴めて簡単に作れるようになります。

勿論、体力が必要になりますが・・。

一般の皆さんのコンクリートに対するイメージは取り扱いが難しいと思われてる方が多数いらっしゃると思います。

確かに取り扱いは難しいですが少量であれば一般の方でも十分に対応が可能な材料だと思います。

皆さんも1度、コンクリートを使って何かDIYされてみてはいかがでしょうか?

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。

モルタルの配合や水の量や作り方。モルタル造形物をDIYしよう! お庭や外構のDIYには欠かせない材料の1つに、モルタルという材料があります。 また、似たような材料にコンクリートといわれるもの...
土間コンクリートはいつから乗り入れ可能?硬化時期と養生方法 こんにちは。 今回は駐車場の土間コンクリートは打設後、何日で乗り入れができるの?という皆さんの疑問にお答えしようと思います。 ...