コンクリートのDIY

コンクリートの配合、作り方の手順と道具|外構やお庭をDIYしよう!

コンクリートの配合と作り方

こんにちは。

  • コンクリートの作り方が知りたい
  • 自分で作るコンクリートの配合は?
  • コンクリートを作る際に必要な道具は?

このような悩みを解消します。

お庭や外構のDIYには欠かせない材料のコンクリート。

そんなコンクリートを自分で作ることができたらDIYの幅が広がりますよね。

今回はコンクリートの配合と作り方お話をさせていただきます。

セメント、モルタル、コンクリートの解説

まずはコンクリート、モルタル、セメントが同じものと思っていらっしゃる方も少なくはないので解説します

セメントはコンクリート中に含まれ効果する原料で、セメントに砂と水を加えたものがモルタル。

さらにモルタルと粗骨材(砂利)を加えたものが、コンクリートです。

  • セメント=固まる原料
  • セメント+砂+水=モルタル
  • セメント+砂+水+砂利=コンクリート

セメント

セメントとは、コンクリートやモルタルが硬化するのに必要な材料。

石灰を原料とした灰色の粉末状のもので、ホームセンター等に25kgの袋入りで¥400〜¥500程で販売されています。

モルタル

モルタルは、セメントと細骨材(砂)と水を練り混ぜたもの。

コンクリートとモルタルの違いは骨材(砂利)の有無です。

粗骨材(砂利)が入ってない為、取り扱いや練り混ぜがコンクリートに比べて簡単です。

コンクリート

コンクリートとは、セメント、細骨材(砂)、粗骨材(砂利)、水を練り混ぜて硬化したもの。

硬化してない状態のコンクリートを生コンクリートと呼びます。

コンクリートの強度

コンクリートの中には砂利が入っていますので、モルタルに比べて強度があります。

コンクリートの強度は呼び強度といい、コンクリート工場から出荷されるコンクリートには呼び強度を指定することができます。

この呼び強度を簡単にいうと、コンクリート中のセメント量。

数字が多ければ多いほど、セメント量が多いことになります。

他にコンクリートの強度には骨材の大きさや空気量、水の量でも変わってきます。

また、コンクリートを打ち込み時の締め固め具合や硬化するまでの養生方法などでも強度が左右されることもあります。

生コン配合
DIYで使用する生コンクリートの配合は?スムーズに注文できるコツこんにちは。 今回はコンクリートの配合のお話をさせて頂こうと思います。 自宅の駐車場をDIYで土間コンクリートにしたい ...

自分で作るコンクリートの配合

それではコンクリートの配合についてお話しします。

配合は砂利6、砂3、セメント1の割合

スコップで材料をすくうのなら砂利を6杯、砂を3杯、セメントを1杯。

これが基本の配合です。

少し強度を上げたい場合にはセメント量を多めにすると良いでしょう。

コンクリートが大量に必要な場合には、生コン工場から購入することをオススメします。

生コン車で配達もしてくれますが、自分で取りに行くことも可能。

生コン注文
生コンクリートが誰でも購入できる注文方法!価格や生コン車の選定こんにちは。 今回はコンクリート(生コンクリート)の注文方法についてお話させて頂きます。 自宅の外構でコンクリートが必要...
土間コンクリート 失敗
駐車場土間コンクリートをDIYすると失敗する2つの理由!こんにちは。 今回は土間コンクリートをDIYしようと検討されている方々に、失敗する2つの理由をお話しさせていただきます。 ...

コンクリートの作り方

コンクリートの作り方の順序

コンクリートの作り方には順序があります。

  1. 砂とセメントを混ぜ合わせます
  2. 均等に混ぜる事が出来たら砂利を入れて混ぜる
  3. 更に水を加えて混ぜる
  4. 好みの硬さになったら出来上がり

コンクリート作りのコツ

砂とセメント、砂利を混ぜる際には、大量に入れ過ぎないようにします。

入れ過ぎると下の方は混ぜる事が困難になり、必ず混合不足になります。

水を加える際にも、少量ずつ加えましょう。

一気に水を入れると、コンクリートの硬さが調整できずに柔らかく水に近いようなコンクリートになることも。

何をするにでも面倒ですが、少しずつ練り混ぜるのが成功への近道です。

コンクリートを作る際に必要な道具

  • 角スコップ
  • トロ箱
  • 一輪車
  • バケツ
  • レンガ鏝

大量に作る場合にはトロ箱や一輪車、少量の場合にはバケツにレンガ鏝で練るのがオススメ。

コンクリートの用途

外構や庭だけでなく、公共工事の重要構造物の橋や道路、建物など、至る所に使用されています。

  • 家の基礎
  • 駐車場の土間(コンクリート舗装)
  • ブロックの基礎
  • タイル張りの下地コンクリート など

コンクリートは、強度の必要な箇所に使用されます。

更に強度が必要な場合には、鉄筋を組んでコンクリートを打ち込む鉄筋コンクリートというものもあります。

鉄筋切断
DIY作業 鉄筋の切断工具と方法は?鉄筋を加工して頑丈な外構を!どうも、こんにちは。 皆さんは鉄筋という資材をご存知でしょうか? そうです。鉄の棒です!なんせ鉄の棒ですので、一般の方からしたら取り...

コンクリート打ち込み時のバイブレーターは何の為?

コンクリート打設

コンクリートを打ち込む際には通常、バイブレーターという工具を使用します。

公共工事等では使用するのが当たり前。ないとコンクリート打設ができません。

しかし残念ながら民間の小規模外構工事等では、バイブレーターを使用する業者の方が少ないのも現実です。

それは業者にコンクリートに関する知識が少ないのも原因の一つだと僕は感じます。

バイブレーターはコンクリート内の空気量を調整して締め固める機械です。

バイブレーターを使用しないとコンクリート内部が気泡だらけになり、使い過ぎると材料分離(骨材とセメントペーストが離れる)する原因にもなります。

正しい使用方法がコンクリートの品質を確保するといっても過言ではありません。

土間コンクリート打設に必要な道具
土間コンクリートのDIYに必要な道具と工具を建設業20年の僕が紹介!こんにちは。 今回はコンクリート打設に必要な道具や工具を紹介したいと思います。 土間コンクリートをDIYしたいけど必要な...

コンクリートの養生方法

コンクリート打設後の養生方法をどうするかで強度が左右されます。

これも残念ながら民間の外構工事等では、適切に養生されている事の方が珍しく思います。

皆さんもよそ様のお宅の外構工事を目にした事があると思いますが、駐車場の土間コンクリート打ち込み後に何かされていたのを目にしたことがありますか?

多分、誰も入らないようにカラーコーンで囲ってある程度でしょう。

その時点で既にコンクリートの正しい養生ができていません。

コンクリートが指定の呼び強度の強度に達するまでに、打ち込みから約28日前後かかるといわれます。

その間、コンクリートは乾燥を避ける為に、直接当たる日光を遮ったり湿潤状態にすることが望ましいのです。

具体的には、コンクリートに布等(養生マット)で日光を遮る為に覆ったり、散水するなどして急激な乾燥を防ぐ必要があります。

因みに僕は自宅の駐車場のコンクリート舗装をした際には毎日、花壇の花に水を遣るようにたっぷりと散水してました。

これだけでも全然違いますので、DIYでコンクリートを打設した際には、散水養生をオススメします。

よくネットでコンクリートの質問されている方を見かけます。

駐車場のコンクリートを打ち込んだ後に雨が降ってきて濡れてるんだけど大丈夫ですか?という質問です。

ズバリ、コンクリート表面が硬化した後に雨に打たれるのはむしろ良い事です。

コンクリート表面が硬化しないうちに雨に打たれるのはNGで、表面が雨模様になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

コンクリートは外構、お庭をDIYする上で欠かせないものです。

作り方もモルタル同様、数回作ればコツが掴めて簡単に作れるようになりますが、体力が必要です・・・。

一般の皆さんのコンクリートに対するイメージは取り扱いが難しいと思われてる方が多数いらっしゃると思います。

確かに取り扱いは難しいのですが、少量であれば十分に対応が可能な材料だと思います。

大量のコンクリートの取り扱いには専門の業者さんに任せることをオススメします。

是非、皆さんもコンクリートを作ってDIYされてみてはいかがでしょうか?

コンクリートをDIYする前に

外構や庭に土間コンクリートをDIYしようされている方に、2点ほどアドバイスをさせて頂きます。

  1. コンクリートのDIYはプロでも難しく失敗しやすい
  2. 施工範囲や規模によっては業者に依頼しても費用に差がないことも・・

コンクリートのDIYはプロでも難しく失敗しやすい

当サイトはDIYを推奨しています。

しかし、コンクリートのDIYに関しては、かなり難しい部類に入ります。

特に寒さの厳しい冬場や猛暑の夏は失敗しやすく、僕たちプロの建設業でも作業人員を増員して作業に臨むことも少なくありません。

施工範囲や規模にもよりますが、正直なところプロに任せることも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

工事の内容次第では費用の差がないことも・・・

自宅外構や庭をDIYされる方の一番の目的は『費用の節約』だと思います。

実際に僕も費用節約の為に自宅の外構や庭をDIYしてきました。

しかし、建設業20年超の僕が言いたいことは『大した費用節約にならない・・』ことも。

DIYをするのであれば、次のような費用も考えておかないといけません。

  • 道具や工具の購入費用
  • 工具のレンタル費用
  • 手伝いに来てくれた方へのお礼や食事代
  • 個人購入のコンクリート代金(業者購入より割高)

 

実は工事の内容によっては、自身でDIYしても業者に依頼して施工してもわずかな金額の差しかないこともあるんです。

わずかな費用節約であれば、プロに任せてキレイな仕事をしてもらった方が絶対にいいですよね?

それに加えプロの業者であれば、万が一の際に保証だってあります。

その為にはまず、業者の工事の価格を知ることが大事です。

コンクリートのDIYで一番怖いのは『失敗』

素人に失敗は付き物ですが、プロの業者には失敗がほとんどありません。

コンクリートのDIYで一番怖いのは『失敗』です。

例えになりますが、コンクリートのDIYを失敗してしまうと費用が倍以上になることも少なくありません。

  • 失敗したコンクリートの取壊し費用
  • 取壊したコンクリートの運搬費用と処分費用
  • 新たにコンクリートを施工する費用

上記のように莫大な費用がかかることは間違いありません。

プロの業者は保証がある

先にも述べましたが、プロの業者には保障があります。

万が一、業者側に瑕疵があった場合は保証に基づき、適切に対応してくれます。

しかし、自身のDIYが失敗した場合は、諦めて莫大な費用で業者に依頼するしかありませんよね。

業者に見積もりを依頼する

業者の工事の価格を知るには、当然見積もりを依頼しないといけませんが、

  • 近くの業者に電話して来店したり、来てもらうのが面倒・・・
  • 小さな工事なので気が引ける・・・
  • 見積もりだけ依頼したら費用を請求されそう・・・

そんなんです。僕もこれが嫌だし面倒だから、自宅外構や庭をDIYしてきたんですが・・・。

最近では業者の工事価格を知る非常に便利なサイトがあります。

自宅の外構、庭のプランと見積もりを製作してくれるサイトなんですが、完全に無料

見積もり依頼して『やっぱり無理です・・・』って断っても無料

面倒な思いをしなくても、無料で工事の価格を知ることができます。

見積もりが高ければDIY

見積もりが高ければ気合を入れてDIYすればいいし、見積もりが安ければ業者に依頼。

ご自身でDIYするかどうかは、工事の価格(見積もり)を知ってからでも遅くはありません。

既に業者に見積もり済みでも安くなる可能性が・・

また、既に外構業者に見積もりを依頼済みの方も相見積もりを依頼して、競合させることで大幅に費用を節約することが可能です。

パパ
パパ
相見積もりは2〜3社ほどに依頼するのが良いとされています

このサイトで既に見積もり済みの業者と競合させて、大幅値引きを獲得しましょう。