コンクリートのDIY

左官職人も使用!DIYで使用する代表的な鏝の種類と道具とは?

鏝の種類

こんにちは。

外構や庭作りのDIYをするにあたって、コンクリートやモルタルは必ず使用する材料の一つです。

そのコンクリートやモルタルを様々な形に均したり、仕上げたりするのが鏝(コテ)というものなんですが、ホームセンターに行って見てみると様々な種類やサイズがありますね!

鏝を使った事がない方は何に使うのかも分かりませんよね・・。

もちろん、僕も建設業で働く前はそうでした。鏝という名前も知りませんでしたよ(^ ^)

  • 鏝にはどんな種類があるの?
  • どんな作業の時にその鏝は使うの?
  • 左官道具ってどんなものがあるの?

今回はこんな疑問に一級土木施工管理技士の僕が、代表的な鏝の種類や左官道具などを紹介したいと思います。

鏝の種類

プラ鏝(プラスチックこて)

プラ鏝

コンクリートやモルタルを一番先に押さえる(平滑に均す)鏝です。

つまり、下地を真っ直ぐにキレイに作るにはこのプラ鏝が必要なんです!

画像の大きい方のプラ鏝は駐車場みたいな広い土間コンクリートを押さえる時に便利です。

一般の家庭の外構や庭作りには300mmほどのプラ鏝で十分でしょう。

プラ鏝 300mm

金鏝 (かなごて)

金鏝 大小

仕上げに使用される金鏝です。

プラ鏝で下地を作った後に、この金鏝で仕上げます。

金鏝も大きい方は広い土間コンクリートを仕上げる際に使用しますので、DIYでしたら300mmほどの金鏝を購入しましょう。

金鏝 300mm 金鏝 裏側

 レンガ鏝(レンガこて)

レンガ鏝

何かと便利なレンガ鏝です。

本来、レンガを積む際にモルタルをすくったり、のせたりする鏝です。

僕達はよくバケツでモルタルを練る際に使用します。

先がとがっていますので、バケツの底の端まで練ることが可能で非常に便利です。

また鏝の金属部分が厚く丈夫で色々な作業に使えるので、1本は持っていると重宝しますよ!

目地鏝(めじこて)

目地鏝

上の画像の丸棒目地鏝はCBブロック(コンクリーブロック)の目地仕上げの際に使用します。

鏝の金属部分が丸い棒状になっているのが特徴です。

下の画像の目地鏝はレンガやピンコロなどの1cm程度の目地に使用します。

もちろん、目地幅の種類もありますので、用途に合わせて使い分けましょう。

目地鏝
レンガでお庭やアプローチをDIY。種類やサイズ、用途を解説。皆さん、こんにちは。 今回は誰もがご存知のレンガについてお話させて頂きます。 ホームセンター等で販売されているレンガ、外構やお庭作り...
外構のDIYには簡単施工のピンコロ石がオススメ!サイズと使用方法 こんにちは。 皆さんはピンコロ石ってご存知でしょうか? そうです。ホームセンターなどに売ってる四角い石です。 ピンコロ石に...

ブロック鏝

ブロック鏝

CBブロック(コンクリートブロック)を積む際にモルタルをブロックにのせる作業に必要な鏝です。

CBブロックはモルタルののせ方によって目地の仕上がりが左右されます。

モルタルを早くキレイにのせる事が可能ですので、ブロック積みの際には揃えておきたいアイテムですね!

ゴム鏝

ゴム鏝

主にタイルの目地を入れる際に必要なゴム鏝です。

目地材をタイルの上で広げるのに使用します。

 面鏝(めんごて)

面鏝

面鏝(めんごて)という鏝です。

をとる鏝。とは建築や建設業界ではという意味です。

つまり、角をとる鏝なんですよ!下の画像が面鏝を使用した画像です。

面鏝 使用中

主に駐車場の土間コンクリートなどに使用されます。

鏝の角度に種類がありますが、一般的にこの45度位が使い易くてオススメですよ!

左官道具

 左官バケツ

左官バケツ

左官バケツはモルタルを練ったり、運んだりするのに必要です。

家庭用のバケツでは重さに耐えられずに取っ手が外れたり割れたりするので、モルタルやコンクリートを使用するなら、左官バケツが必ず、必要です。

柄杓(ひしゃく)

ひしゃく

柄杓(ひしゃく)はバケツの中からモルタル等をすくう道具です。

無いと困る訳ではありませんが、あると便利ですよ!

 盛板(もりいた)

盛り板

盛板(もりいた)はバケツからすくったモルタルを一時的にのせて盛る板です。

絵画で言えば、パレットのような役割で盛板に盛ったモルタルを鏝に取って様々な施工をしていきます。

盛板はサイズが色々とありますので、使いやすいサイズを選びましょう!

左官ブラシ

左官ブラシ

これは鏝やバケツ、その他のコンクリートやモルタルを洗う際に使用するブラシです。

鏝などは付着したモルタルを確実に洗い流さないといけません。

それにはこの左官ブラシがあると手を汚さずに、非常に便利です。

DIYでの代表的なコンクリート、モルタルの仕上げ

コンクリートやモルタルの代表的な2種類の仕上げ方法を紹介します。

金鏝仕上げ

1つ目は金鏝仕上げ(かなごてしあげ)です。

その名の通り金(カネ)の鏝で仕上げる方法です。

特徴は表面がツルツルで見た目がキレイですね!

刷毛引き仕上げ

2つ目は刷毛引き仕上げ(はけびきしあげ)です。

よく駐車場などに使われる仕上げ方法です。

特徴は雨の日に歩行しても滑りにくいというメリットがあります。

金鏝仕上げと刷毛引き仕上げの比較

これはコンクリートが固まる前の状態です。

左側が金鏝仕上げ、右側が刷毛引き仕上げです。

比較
左官鏝の使用方法は?コンクリートやモルタル、漆喰のDIY仕上げこんにちは。 鏝(こて)にはどんな種類があるの? DIYにはどんな鏝(こて)を準備すれば良いの? 鏝(こて...
モルタルの配合や水の量や作り方。モルタル造形物をDIYしよう! こんにちは。 モルタルって何・・・? モルタルの配合が知りたい モルタルを作ってDIYしたい ...

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここで紹介した鏝は代表的な物で、他にも様々な種類があります。

用途に合わせて鏝を選定しましょうね。

DIYで使用するのであれば、左官職人が使っている高価な鏝は必要ありません。

しかし、余りにも安い物は使いにくいという事もありますので、気をつけて下さいね!

あとはお手入れも大事ですよ。使用後はしっかりと水洗いをして乾かしましょう。

それでは楽しいDIYライフを・・・♪(´ε` )

乱形石張り、タイル張りに必要な道具 壁や床にDIYこんにちは。 突然ですが皆さんはホームセンター好きですか? 僕は『めっちゃ好きです!』 色々な道具や資材を見てると楽しくなります。 ...
コンクリートの配合と作り方
コンクリートの配合、作り方の手順と道具|外構やお庭をDIYしよう!こんにちは。 コンクリートの作り方が知りたい 自分で作るコンクリートの配合は? コンクリートを作る際に必要...

コンクリートをDIYする前に

外構や庭に土間コンクリートをDIYしようされている方に、2点ほどアドバイスをさせて頂きます。

  1. コンクリートのDIYはプロでも難しく失敗しやすい
  2. 施工範囲や規模によっては業者に依頼しても費用に差がないことも・・

コンクリートのDIYはプロでも難しく失敗しやすい

当サイトはDIYを推奨しています。

しかし、コンクリートのDIYに関しては、かなり難しい部類に入ります。

特に寒さの厳しい冬場や猛暑の夏は失敗しやすく、僕たちプロの建設業でも作業人員を増員して作業に臨むことも少なくありません。

施工範囲や規模にもよりますが、正直なところプロに任せることも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

工事の内容次第では費用の差がないことも・・・

自宅外構や庭をDIYされる方の一番の目的は『費用の節約』だと思います。

実際に僕も費用節約の為に自宅の外構や庭をDIYしてきました。

しかし、建設業20年超の僕が言いたいことは『大した費用節約にならない・・』ことも。

DIYをするのであれば、次のような費用も考えておかないといけません。

  • 道具や工具の購入費用
  • 工具のレンタル費用
  • 手伝いに来てくれた方へのお礼や食事代
  • 個人購入のコンクリート代金(業者購入より割高)

 

実は工事の内容によっては、自身でDIYしても業者に依頼して施工してもわずかな金額の差しかないこともあるんです。

わずかな費用節約であれば、プロに任せてキレイな仕事をしてもらった方が絶対にいいですよね?

それに加えプロの業者であれば、万が一の際に保証だってあります。

その為にはまず、業者の工事の価格を知ることが大事です。

コンクリートのDIYで一番怖いのは『失敗』

素人に失敗は付き物ですが、プロの業者には失敗がほとんどありません。

コンクリートのDIYで一番怖いのは『失敗』です。

例えになりますが、コンクリートのDIYを失敗してしまうと費用が倍以上になることも少なくありません。

  • 失敗したコンクリートの取壊し費用
  • 取壊したコンクリートの運搬費用と処分費用
  • 新たにコンクリートを施工する費用

上記のように莫大な費用がかかることは間違いありません。

プロの業者は保証がある

先にも述べましたが、プロの業者には保障があります。

万が一、業者側に瑕疵があった場合は保証に基づき、適切に対応してくれます。

しかし、自身のDIYが失敗した場合は、諦めて莫大な費用で業者に依頼するしかありませんよね。

業者に見積もりを依頼する

業者の工事の価格を知るには、当然見積もりを依頼しないといけませんが、

  • 近くの業者に電話して来店したり、来てもらうのが面倒・・・
  • 小さな工事なので気が引ける・・・
  • 見積もりだけ依頼したら費用を請求されそう・・・

そんなんです。僕もこれが嫌だし面倒だから、自宅外構や庭をDIYしてきたんですが・・・。

最近では業者の工事価格を知る非常に便利なサイトがあります。

自宅の外構、庭のプランと見積もりを製作してくれるサイトなんですが、完全に無料

見積もり依頼して『やっぱり無理です・・・』って断っても無料

面倒な思いをしなくても、無料で工事の価格を知ることができます。

見積もりが高ければDIY

見積もりが高ければ気合を入れてDIYすればいいし、見積もりが安ければ業者に依頼。

ご自身でDIYするかどうかは、工事の価格(見積もり)を知ってからでも遅くはありません。

既に業者に見積もり済みでも安くなる可能性が・・

また、既に外構業者に見積もりを依頼済みの方も相見積もりを依頼して、競合させることで大幅に費用を節約することが可能です。

パパ
パパ
相見積もりは2〜3社ほどに依頼するのが良いとされています

このサイトで既に見積もり済みの業者と競合させて、大幅値引きを獲得しましょう。