コンクリートのDIY

モルタルの配合や水の量や作り方。モルタル造形物をDIYしよう!

パパ
パパ
DIYでモルタルを使うんだけど、作り方ってどうやんの?
はっち
はっち
モルタルの作り方は簡単だニャ〜。作り方を教えるから挑戦してみてニャ〜!

こんにちは。

  • モルタルって何・・・?
  • モルタルの配合が知りたい
  • モルタルを作ってDIYしたい

このような悩みを解消します。

モルタルはお庭や外構のDIYには欠かすことのできない材料です。

また、モルタルに似たコンクリートという材料がありますが、皆さんは違いをご存知ですか?

そうです、粗骨材(砂利)が入っているかどうかなんです。

それでは今回は、モルタルの配合や作り方のお話をさせていただきます。

 

セメント、コンクリート、モルタルはそれぞれ異なる材料

コンクリート、モルタル、セメントが同じものだと思っていらっしゃる方も少なくはないので説明します。

セメント

セメントとは、コンクリートやモルタルを作る材料の一つです。

石灰を原料とした灰色の粉末状のものです。

ホームセンター等に25kgの袋入りで¥400〜¥500程で販売されています。

コンクリート

以下のものを練り混ぜて、硬化したものがコンクリートです。

  • セメント
  • 細骨材(砂)
  • 粗骨材(砂利)

ちなみに、練り混ぜて硬化してない状態のコンクリートを生コンクリートと呼びます。

 

モルタル

以下のものを練り混ぜたのが、モルタルです。

  • セメント
  • 細骨材(砂)

粗骨材(砂利)が入ってない為、取り扱いや練り混ぜがコンクリートに比べて簡単です。

コンクリート、モルタルの強度

もちろん、粗骨材(砂利)の入っているコンクリートの方が強度はあります。

強度が必要な箇所や作業にはコンクリートを。

流動性や施工性の良さを求めるならモルタルをといった用途に合わせて使用しましょう。

モルタルの用途

モルタルはコンクリートと違って粗骨材(砂利)が入っていませんので、細かい箇所や作業に向いています。

また、鏝を使った仕上げも粗骨材が入っていない為、簡単に綺麗に仕上げることができます。

モルタルを使用する作業

モルタルは様々な作業箇所で使用されます。

下記は一例です。

  • コンクリートブロックの間詰め、目地
  • 塀CBブロックのモルタル刷毛引き仕上げ
  • タイル張り前の下地調整
  • 家の基礎の化粧上塗り など

強度がありませんので、どちらかというと化粧仕上げや下地調整といった用途が主です。

モルタルの配合

先にも述べましたが、モルタルはセメントと砂と水で作られます。

一般的なモルタルの配合は、セメントが1、砂が3の割合。

それに水を適量、加えます。

モルタルの配合=1:3 

水の量でモルタルの硬さを調整できます。

施工性などに応じて水の量を調整しましょう。

上記の配合は一般的なモルタルの配合ですので、必要に応じてセメントの量を増やして強度を増すことも可能です。

モルタルの作り方

モルタルを作る際の道具

  • 角スコップ
  • トロ箱
  • 一輪車
  • バケツ
  • レンガ鏝

大量に作る場合には、トロ箱や一輪車。

少量の場合にはバケツにレンガ鏝で練るのがオススメです。

モルタルの作り方の順序

モルタルの作り方には順序があります。

  1. 砂とセメントを混ぜ合わせます
  2. 均等に混ぜたら水を加える
  3. さらに混ぜて好みの硬さになったら出来上がり

モルタル作りのコツ

練り混ぜには、一輪車やトロ箱、バケツを使用すると思いますが、砂とセメントを混ぜる際には大量に入れ過ぎないように気を付けましょう。

入れ過ぎると下の方は混ぜる事が困難になり、混合不足になる可能性があります。

面倒ですが、少しずつ練り混ぜるのが成功への近道です。

モルタルの水の量

水を加える際にも、少量ずつ加えましょう。

一気に入れるとモルタルの硬さを調整ができずに、柔らかい水に近いようなモルタルになります。

モルタルの用途に合わせて水の量も調整してください。

例えば、タイルや自然石の下地にするなら、水が少ないバサバサ硬めのモルタル。

壁塗りをするなら、少し水の多い柔めのモルタルといった感じで水の量を調整します。

どの程の柔らかさが良いか分からない時には、一度、使用してみて下さい。

使いにくければセメントを加えて硬くしたり、水を加えて柔くしたりして対応します。

はっち
はっち
水はモルタルの用途に合わせて柔らかさを調整するニャ〜

まとめ

いかがだったでしょうか?

モルタルは外構やお庭作りには欠かせない材料です。

数回、練り混ぜてみるとコツが掴めて簡単にモルタルが作れるようになります。

そしてモルタルを使って、色々な造形物を作ることも可能です。

皆さんのアイディアで素敵な造形物や構造物にモルタルを活用してみて下さいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また・・・♪(´ε` )

コンクリートをDIYする前に

外構や庭に土間コンクリートをDIYしようされている方に、2点ほどアドバイスをさせて頂きます。

  1. コンクリートのDIYはプロでも難しく失敗しやすい
  2. 施工範囲や規模によっては業者に依頼しても費用に差がないことも・・

コンクリートのDIYはプロでも難しく失敗しやすい

当サイトはDIYを推奨しています。

しかし、コンクリートのDIYに関しては、かなり難しい部類に入ります。

特に寒さの厳しい冬場や猛暑の夏は失敗しやすく、僕たちプロの建設業でも作業人員を増員して作業に臨むことも少なくありません。

施工範囲や規模にもよりますが、正直なところプロに任せることも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

工事の内容次第では費用の差がないことも・・・

自宅外構や庭をDIYされる方の一番の目的は『費用の節約』だと思います。

実際に僕も費用節約の為に自宅の外構や庭をDIYしてきました。

しかし、建設業20年超の僕が言いたいことは『大した費用節約にならない・・』ことも。

DIYをするのであれば、次のような費用も考えておかないといけません。

  • 道具や工具の購入費用
  • 工具のレンタル費用
  • 手伝いに来てくれた方へのお礼や食事代
  • 個人購入のコンクリート代金(業者購入より割高)

 

実は工事の内容によっては、自身でDIYしても業者に依頼して施工してもわずかな金額の差しかないこともあるんです。

わずかな費用節約であれば、プロに任せてキレイな仕事をしてもらった方が絶対にいいですよね?

それに加えプロの業者であれば、万が一の際に保証だってあります。

その為にはまず、業者の工事の価格を知ることが大事です。

コンクリートのDIYで一番怖いのは『失敗』

素人に失敗は付き物ですが、プロの業者には失敗がほとんどありません。

コンクリートのDIYで一番怖いのは『失敗』です。

例えになりますが、コンクリートのDIYを失敗してしまうと費用が倍以上になることも少なくありません。

  • 失敗したコンクリートの取壊し費用
  • 取壊したコンクリートの運搬費用と処分費用
  • 新たにコンクリートを施工する費用

上記のように莫大な費用がかかることは間違いありません。

プロの業者は保証がある

先にも述べましたが、プロの業者には保障があります。

万が一、業者側に瑕疵があった場合は保証に基づき、適切に対応してくれます。

しかし、自身のDIYが失敗した場合は、諦めて莫大な費用で業者に依頼するしかありませんよね。

業者に見積もりを依頼する

業者の工事の価格を知るには、当然見積もりを依頼しないといけませんが、

  • 近くの業者に電話して来店したり、来てもらうのが面倒・・・
  • 小さな工事なので気が引ける・・・
  • 見積もりだけ依頼したら費用を請求されそう・・・

そんなんです。僕もこれが嫌だし面倒だから、自宅外構や庭をDIYしてきたんですが・・・。

最近では業者の工事価格を知る非常に便利なサイトがあります。

自宅の外構、庭のプランと見積もりを製作してくれるサイトなんですが、完全に無料

見積もり依頼して『やっぱり無理です・・・』って断っても無料

面倒な思いをしなくても、無料で工事の価格を知ることができます。

見積もりが高ければDIY

見積もりが高ければ気合を入れてDIYすればいいし、見積もりが安ければ業者に依頼。

ご自身でDIYするかどうかは、工事の価格(見積もり)を知ってからでも遅くはありません。

既に業者に見積もり済みでも安くなる可能性が・・

また、既に外構業者に見積もりを依頼済みの方も相見積もりを依頼して、競合させることで大幅に費用を節約することが可能です。

パパ
パパ
相見積もりは2〜3社ほどに依頼するのが良いとされています

このサイトで既に見積もり済みの業者と競合させて、大幅値引きを獲得しましょう。