外構のお話

庭や外構の仕上げ材はタイルがオススメな理由

 

パパ
パパ
庭の一部を舗装しようと思ってるんだけど仕上げ材は何が良いかな?
はっち
はっち
やっぱり、見た目や耐久性を考えるとタイルが良いと思うニャ〜

こんにちは。

外構で庭の仕上げ材、舗装材を迷ってる方、多いんじゃないかと思います。

天然石や人工芝、ピンコロから化粧砂利など多くの仕上げ材がありますが、色々と多すぎて迷ってしまいますよね?

そんな何にしようか迷っている方にはタイルをお勧めしたいと思います。

今回はそんなタイルのお話をさせていただきます。

 タイルの耐用年数

一般的なタイルの耐用年数は約30年〜40年とも言われます。

もちろん、環境条件等にも左右されますが30〜40年もの間、美しく庭を飾ってくれるなら選ばない理由はありませんよね。

タイルは非常に長持ちする舗装材なんです。

 タイルの種類

タイルには色、形、素材や大きさや用途等の種類が数多くあります。

家や外構の雰囲気に合わせて数多く中からタイルを選定できますので庭作りが楽しくなる事は間違いありません。

外構業者も多数のタイルメーカーを取り扱ってますのでプランナーさんとの打ち合わせの中でお庭に合った最適なタイルを選定しましょう。

庭に使用するのであれば外床用で耐凍害性のあるものを選びましょう。

 タイル張りの価格相場

外構の床タイル張りの価格相場は1平方メートル辺り¥12000〜¥18000程ではないかと思われます。

これはあくまでも安価なタイルを使用した場合で下地コンクリートもこの価格には含まれません。

また地域や業者によっても価格相場が変動しますのでご注意ください。

はっち
はっち
タイルの価格はピンからキリまであるんだニャ〜

 タイル張りのメリット

タイル張りの最大のメリットはメンテナンスフリーです。

何もしなくていい・・。そうなんです。

タイルを庭に張ったら雑草は生えない。水溜りもできない。埃もしない。
いい事だらけです。

タイルは手間の掛からない仕上げ材なんです。

次にタイルは汚れにくいんです。

年中、屋外にあるものですからすぐに汚れそうですが実は汚れにくいです。

濃い色でしたらほとんど汚れません。

汚れませんは言い過ぎですが、汚れても目立たないので汚れた気がしません。

タイルの色が薄く白に近い色でも多少は汚れますが水道ホース年一回位の高圧洗浄機の洗浄で新品に近い状態になります。

そして先にも書きましたが耐久性があります。

具体的に挙げますとタイルは退色や劣化がほとんどありません。

傷にも強いです。

何十年も色褪せずに綺麗な状態を保ってくれますので
庭がいつでも綺麗で気持ちのいい空間になるでしょう。

そして最後にタイルは張るだけで高級感があります。
お客さんが多いご家庭では絶対にオススメですよ。

 タイル張りのデメリット

タイル張りの最大のデメリットは施工単価が高いという事です。

価格相場が1平方メートル辺り¥12000〜¥18000程ですが、やはりこれは他の仕上げ材に比べると高いです。

ですので庭全体にタイルを張るというのも高級感があり理想ですが価格の事を考慮するとタイルと人工芝とか化粧砂利との張り分けで外構費用を抑えるといった工夫が必要かもしれません。

次にタイル張りは職人によって仕上りに差がでるという事です。

タイル張りは職人の手によって1枚、1枚張っていきます。

ここで経験の浅い職人ですと目地の幅が均等でなかったり、タイルに段差が付いたりと仕上がりがイマイチだったなんて事もあります。

 まとめ

いかがだったでしょうか?

タイルが優れた舗装材という事が分かって頂けたでしょうか?

タイルは莫大な色やサイズの種類があり、どんなスタイルやテイストの外構やお庭にも合わせる事ができます。

その為にも施工は信頼できる業者、経験豊富な外構業者を探す事が必要です。

是非、皆さんもタイルを使って素敵な外構、お庭を作ってくださいね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

乱形石張り、タイル張りに必要な道具 壁や床にDIYこんにちは。 突然ですが皆さんはホームセンター好きですか? 僕は『めっちゃ好きです!』 色々な道具や資材を見てると楽しくなります。 ...
乱形石張りのDIY方法!お庭や駐車場、玄関アプローチに。 こんにちは。 今回は乱形石張りのDIYのお話をさせていただきます。 乱形石をDIYしてみたい 乱形石の張...