外構のお話

お洒落な庭にはタイルデッキがオススメ!価格や相場、施工方法は?

タイルデッキ
パパ
パパ
庭にタイルデッキが欲しいんだけど価格はどれくらいするのかな?
はっち
はっち
タイルの種類やデッキの大きさ、高さによって価格も変わってくるニャ〜

こんにちは。

皆さんは庭にタイルデッキってどう思います?素敵ですよね。

休日の朝にはタイルデッキで朝食を食べたり、午後にはのんびりコーヒーを飲みながら読書をするなんてことができたら最高ですよね♪(´ε` )

しかし、庭にタイルデッキを設置するとなると価格や相場が気になりますよね?

あっ、タイルデッキの事をタイルテラスっておっしゃる方もいますが、この記事では『タイルデッキ』と呼ばせて頂きます。

という事で今回はタイルデッキの価格や依頼先の施工会社についてお話をさせて頂きます。

タイルデッキの作り方

テラス

タイルデッキは2種類の施工方法があり、乾式と湿式に分けられます。

乾式はエスクステリアメーカーが販売する組み立てキットになっているタイルデッキです。

特徴としては施工期間が短いという点が挙げられます。

湿式についてですが、CBブロックでデッキの形を作りブロックの中を盛土します。

ブロック天端で下地コンクリートを打設して上にタイル張り。

これが湿式の施工方法で施工期間が乾式に比べて長いが頑丈というのが特徴です。

タイルデッキの価格、施工費用

ほとんどの方が設置するリビングやダイニングからタイルデッキに出れるように計画すると思います。

しかし室内からデッキに出るとなると、段差をなくす為にデッキの高さを嵩上げが必要です。

通常、室内の床面に近いくらいの高さにするのが一般的です。
(実際は外部の水切りの下端辺りの高さくらい)

そうなるとCBブロックの段数やブロック内の盛土量により価格が異なってきます。

よって高さが高い程、大きさも大きい程、価格や費用も高くなります。

庭や外構の仕上げ材はタイルがオススメな理由 こんにちは。 外構で庭の仕上げ材、舗装材を迷ってる方、多いんじゃないかと思います。 天然石や人工芝、ピンコロから化粧砂利...
ウッドデッキには目隠しが絶対に必要な理由 こんにちは。 外構を検討する際に誰もが庭に欲しいと思うのは『ウッドデッキ』と答えます。 良いですよね。憧れのウッドデッキ! ...

仕上げに張るタイルによっても価格が異なる

タイルデッキ

当たり前ですが仕上げ材のタイルによっても価格が異なります。

そしてタイルには莫大な数の種類とサイズが存在します。

天然石の色柄やウッド系のタイル、大きさは100角から600角など本当に選定に悩みますよ!

価格もピンからキリまでありますが、どうせなら良質なタイルを使用したいところですよね。

はっち
はっち
やっぱり良いタイルは高いニャ〜!

タイルデッキの相場

タイルデッキの平均的な価格相場ですが
1平方メートル辺り¥15000〜¥22000位です。

もちろん、デッキの高さや大きさ、タイルの種類によって大きく変動します。

そして地域や施工会社でも価格は変動します。

上記の価格相場はあくまでも格安タイルを使用して、デッキの大きさも小さ過ぎない場合の相場になります。

パパ
パパ
上記の相場より高くなる場合もあるし、安くなる事もあるかもしれないよ!

タイルデッキの施工依頼 施工会社

タイルデッキを施工依頼する場合には外構業者に直接、依頼をオススメします。

住宅を建築した工務店やハウスメーカー等に依頼される方もいらっしゃいますが、施工するのはどちらにせよ下請けの外構業者です。

工務店やハウスメーカー等に依頼すると手数料や中間マージンが発生しますので直接、外構業者に依頼するのと比較して2〜3割程度は高くなるでしょう。

もちろん、タイルデッキはDIYでも施工可能です。

自信のある方はDIYでやってみると良いでしょう。かなり費用の節約になりますよ。

DIYも時間もないという方は信頼のできる外構業者を探してまずは見積もり依頼しましょう。

2社以上の見積もりを比較して安心して依頼できる業者を見つけてくださいね。

庭

まとめ

いかがだったでしょうか?

タイルデッキは大きさ、高さ、タイルの種類等によって価格は大きく変動します。

また依頼先は直接、外構業者に依頼するのが一番の節約にもなるかと思います。

因みに我が家は全てDIYで施工しましたが難易度は中くらいですかね?

タイルの割付が少し難しかったのを覚えています。

我が家はデッキが完成してから11年経ちますが、さすがタイルデッキです。

こまめにメンテナンスや清掃をすれば完成した当時とほぼ変わりません。

耐用年数はかなり長くなるのではないでしょうか?

タイルデッキは少々、価格が高くてもオススメできるエクステリアです。

ぜひ、皆さんもお庭に設置してみてはいかがでしょうか?

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。