外構のお話

CBブロックやレンガの処分方法と費用は?安全で手間暇掛けないコツ

パパ
パパ
CBブロックやレンガが庭にあるんだけど、どうやって処分すればいいの?
はっち
はっち
処分の方法がいくつかあるので紹介するニャ〜

こんにちは。

突然ですが皆さんは外構や庭作りにコンクリートブロック(CBブロック)やレンガを使用してDIYした経験がありますか?

自宅が持ち家でガーデニングやDIYが趣味の方なら、一度はそんな経験があるのではないでしょうか?

しかし、CBブロックやレンガをDIYで使用すると数量が余ったり、切断した破片が残る場合がありますよね?

そんな時に困るのが処分方法なんですよね。

実際にCBブロックやレンガの処分方法って一般の方に以外と知られていないのも事実です。

という事で今回はCBブロックやレンガの処分方法についてお話をさせて頂きます。

各自治体で処分

これは各自治体を調べてみましたが、ほとんどの自治体が受け入れ不可でした。

ネット上では少量だったら処分してくれる自治体が稀にあると書かれているサイトがありますが、僕が住んでいる地域の自治体は受け入れ不可でした。

もしかしたら皆さんの自治体がCBブロックやレンガの処分ができるかもしれませんので一度、確認してみると良いでしょう。

もし可能であれば、この方法が一番、お金も手間も掛からない処分方法になると思います。

購入したホームセンターに相談する

購入したホームセンターによっては処分してくれる店舗があるそうです。

ホームセンターは外構工事もやっているところが多いのでホームセンターも処分が可能な業者に持ち込んでいるはずです。

一度、購入したホームセンターか近所のホームセンターで相談してみてはいかがでしょうか?

小さく割って庭に埋める

CBブロックやレンガは皆さんが思っているほど硬くはありません。

少々、体力が必要ですが、石頭ハンマーという物で何度か叩くと小石くらいの大きさまで割る事が可能です。

小石くらいの大きさになれば、自宅の敷地内に埋めたりする方ができますよね。

例えばですがレンガで花壇を作ったとします。

花壇の中に花壇用の客土を入れる前に小石くらいの大きさに割ったCBブロックやレンガを入れておけば水捌けも良くなるし、処分に費用も掛からず一石二鳥ですね!

くれぐれも石頭ハンマーで叩く際には破片が飛ぶ事がありますので、保護具を着用しましょう。

道路際では通行する人や車にも気を付けて下さい。破片が通行人や車に当たれば賠償問題にも発展する恐れがありますので小割する場所を選んで下さいね。

小さく割ってぬかるみに敷く

こちらも石頭ハンマーで小さく割って、敷地内にぬかるみがあれば敷き均しましょう。

ぬかるみ対策には砂利などを敷くと効果がありますので小さく割ったCBブロックやレンガを敷く、再利用がオススメです。

通常、工事現場などで発生するコンクリート殻などは産業廃棄物で処分されて大半は専門の業者の機械によって小さく割られて再生クラッシャーランとしてリサイクルされます。

それと同じことですよね。

近所の工事現場で相談する

近所で工事をしていたらそこの現場の監督さんや作業している方にに処分の方法を相談してみましょう。

僕もたまに仕事していたら近所の方に聞かれる事があります。

建設会社によっては処分場を完備している会社がありますので、処分場があれば持って行ってくれたり、処分場が無くても近くの処分場を紹介してくれる事があります。

最近の公共工事には地域貢献や近隣住民の方との交流も求められていますので、遠慮なく相談しても良いと思いますよ。

レンガでお庭やアプローチをDIY。種類やサイズ、用途を解説。皆さん、こんにちは。 今回は誰もがご存知のレンガについてお話させて頂きます。 ホームセンター等で販売されているレンガですが、外構やお...
自宅の庭からでた石はどうする?庭石や砂利、岩の処分方法 こんにちは。 今回は庭石や砂利、岩の処分についてお話させて頂きたいと思います。 皆さんはこんな思いをした事は...

業者に依頼する

産業廃棄物処理業者に依頼する

自治体で処分ができない場合には自治体が近所の産業廃棄物処理業者を紹介してくれますので相談してみましょう。

自社で処分場を持っていますので持ち込みすれば処分してくれます。

土木建設会社に依頼する

建設会社はどこにでも沢山ありますので近所の業者を探してみましょう。

建設会社も自社で処分場がない場合には産業廃棄物処理業者に持ち込みます。

その場合には処理業者を紹介されるだけかもしれませんので、事前に電話等で確認するのが良いかと思います。

外構業者に依頼する

外構業者はCBブロックやレンガを多用します。

やはり最終的には産業廃棄物処理業者に持ち込み処分するのですが、ある程度の量になるまで自社で保管しています。

外構業者は比較的、小さな仕事でも請け負ってくれますので個人的には一般の方が気兼ねなく依頼できるのは外構業者さんがいいのかな?とも思います。

外構業者さんは一般の個人に営業して仕事を請け負ってますので対応の良い業者が多い気がしますね。

CBブロック、レンガの処分費用

処分費用ですが自治体やホームセンターで処分が可能であれば、非常に安価になるかと思います。

また、産業廃棄物処理業者に持ち込みになると業者や地域によって異なりますが、1kg当たりの何円という単価になります。

取りに来てもらったり運搬してもらったりすれば、積み込みと運搬費用が掛かりますので少々、高くはなるでしょうが手間暇要らずで安心ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

少量のCBブロックやレンガは小さく割って自宅の庭や敷地内で再利用等が出来ないか検討してみましょう。

出来ないようであれば、産廃業者や外構業者に相談してみてはいかがでしょうか?

ご自身で持ち込みすれば処分費用も安価です。

又、処分量が多いの場合には一般の方では運搬や積み込みが厳しいので、業者に依頼した方が良いかと思います。

業者に任せれば多少、費用は発生しますが、手間暇掛からずに安心で安全です。

絶対にやってはいけないのが自身の土地以外に捨てる事はしないで下さいね。
少量でも絶対に駄目です。

不法投棄で厳しい罰則と共に犯罪者になってしまいますよ!

はっち
はっち
罰金もあるからニャ〜!

それでは、また♪( ´θ`)ノ