外構のお話

外構費用を安くする5つの方法!外構業者以外に依頼する裏技も・・

パパ
パパ
何とか外構費用を安くする事ってできないのかな・・?
はっち
はっち
少し手間は掛かるけど、安くする方法を教えるニャ〜!

こんにちは。

今回は外構費用を安くする方法(業者編)をお話ししようと思います。

新築に費用をかけ過ぎて外構の予算が少なく困ってる方、多いんじゃないでしょうか?

恥ずかしながら、僕もそうでした。

僕の職業は建設業で外構の仕事もしていたこともあり、自宅外構はDIYで完成させました。

しかしDIYは建設関係の仕事以外の方には少々、難しいですよね。

そこで少しでも外構費用が安くなる方法(業者編)を紹介していきたいと思います。

直接、外構業者に依頼する

新築時、ハウスメーカーや工務店等に外構も依頼される方々がいらっしゃいます。

  • 施主が外構業者を知らない
  • 自分で業者を探すのが面倒
  • 建築会社に一括で外構も任せたい

こんな理由からだと思います。

しかし施主と外構業者の間にハウスメーカーや工務店(建築会社)が入りますので、中間マージンが発生して、直接外構業者に依頼するよりも約1割〜3割程、費用が高くなってしまいます。

外構費用を安く抑えようと思うのであれば、ご自身で直接外構業者に依頼するのをオススメします。

相見積もりをとる

面倒だという理由から、1社しか見積もりを依頼されない方がいらっしゃいます。

1社のみの見積もりorプランになると次のようなことも比較できません。

  • 外構費用が本当に妥当か?
  • 使いやすい外構プランなのか?
  • 自宅に最適なプランなのか?

最終的には1社に絞らないといけませんが、2社〜3社程の見積もり依頼をオススメします。

費用の妥当性を確認して、自宅の最適なプランを選択しましょう。

土木建設会社に依頼する

外構といえば、外構業社に依頼するのが一般的ですよね?

しかし土木建設会社でも外構を施工できることをご存知でしょうか?

どちらかというと、土木建設会社の方がコンクリート構造物のプロです。

デザイン要素のある外構プランは厳しいでしょうが、駐車場のコンクリート舗装や掘削、アスファルト工事も可能です。

もちろん、庭の整地や砂利敷き等も可能です。

外構業社の場合、プラン作成費や広告費は見積もりには入ってませんが、実際には外構費用の中に含まれます。

建設会社の場合、外構プランも作成しませんし広告も出してないので、外構業社よりも費用は安くなる可能性があります。

建設会社に依頼すると安くなる可能性のあるのは次のような工種です。

  • CBブロック(境界ブロック積み)
  • 駐車場の土間コンクリート
  • アスファルト舗装工事
  • 庭の掘削、整地

デザイン性のない、工種の限られた外構工事でしたら土木建設会社に見積もり依頼してみるのもオススメです。

外構を依頼できる建設会社の探し方

ネットやタウンページで自宅近くの建設会社に問い合わせてみましょう。

一般の建設会社は冬場10月〜3月末(特に年度末)は公共工事で忙しく、夏場4月〜8月は仕事が少ないので、夏場に依頼すると安く引き受けてくれる可能性があります。

各専門業者に依頼する

外構業社は様々な業種の職人さんの集まりです。

細かく分けると次のようになります。

  • 土工さん(重機で駐車場部分を掘ったり、庭を整地等)
  • 左官職人(塀の塗り壁やコンクリート仕上げ等)
  • ブロック職人(塀ブロック積み)
  • タイル職人(タイル張り)
  • 植木職人 (植栽の植え込み)
  • カーポート設置やウッドデッキ設置の職人など

外構業社の中には営業やプラン作成のみで、職人さんは全て外注(下請け)の外構会社も少なくはありません。(ハウスメーカーと同じような仕組みです)

これを一括して外構業社に依頼するのではなく、個別に職人さんの会社、例えば〇〇左官、〇〇タイル株式会社、〇〇造園に直接、依頼するのです。

そういった職人さんの会社は、どこの地方にも数多く営業しています。

また、職人さんの中には、一人親方でやっておられる方も大勢いらっしゃいますので、少し面倒ですが職人さんを工事に応じて個別に直接、依頼すると安くなる可能性はあります。

通常、職人さんは下請けの仕事が多いのですが、施主から直接、依頼されると下請けの仕事以上に良い仕事、綺麗な仕事をしてくれるものです。

職人さんの探し方

少々面倒ですが、ネットやタウンページ等で探す他には、知人や友人、親、親戚に聞いてみると必ず、誰かしら知り合いの職人さんがいるものです。

もしもいなければ、住宅を建築した建築会社や工務店に紹介してもらうのも良いと思います。

紹介ですので中間マージンは発生しないと思いますが、ここで中間マージンを取るような会社は最悪です。

※建築会社に依頼するのではなく、紹介をしてもらってくださいね。

外構一括見積もりサイトを利用

建設会社や職人さんをご自身で探すのが面倒だしそんな時間ない、そんな方には複数の業者の見積もりが依頼できるサイトの利用をオススメします。

見積もりが比較できるので、簡単に安い業者を見つけることが可能で便利です。

外構費用を安くする方法(業社編)のまとめ

外構費用を安くする方法(業社編)いかがだったでしょうか?

手間暇が掛かっても安くしたいという方には、ご自身で職人さんを見つけたり建設業者に依頼をしてみる価値はあると思います。

忙しくてそんな時間はないという方には、一括見積もりサイトを利用したりネットで格安の外構業社の見積もりを依頼すれば、安くて優良な業者が見つかるかと思います。

様々な方法がありますが、ご自身に合った方法で素敵な外構をより安く完成させてくださいね!

家が素敵でも外構が家に似合わなかったら台無しですからね・・・(T . T)

それでは、また・・・♪(´ε` )

施工方法次第で外構費用が安くなる7つの工種とは? こんにちは。 今回は外構費用を安くする方法(工種編)をお話しさせて頂こうと思います。 外構費用を安く抑えたい ...
外構費用の相場っていくら?業者の見積金額がそれぞれ異なる理由 こんにちは。 今、この記事を読んで頂いてる方々は外構を検討中の方やこれから業者に見積もりを依頼しようかなと思ってる方々が多いん...