外構のお話

自宅の庭からでた石はどうする?庭石や砂利、岩の処分方法

パパ
パパ
庭をDIYしようとスコップで掘ってたら大きな石が出てきたんだけど、どう処分すればイイの?
はっち
はっち
処分の方法がいくつかあるから説明するニャ〜

こんにちは。

今回は庭の石や砂利の処分についてお話させて頂きたいと思います。

  • 外構や庭作りをDIYしようと思いスコップで掘ったら大きな石が出てきた
  • 庭に敷いてある砂利が不要になった
  • 和風庭園の大きな庭石が邪魔になる

このような悩みを解消します。

庭石や砂利の処分方法って以外と知られていないのが事実なんです。

それでは早速、お話ししていきますね!

 自治体で処分

各自治体で異なるようです。

石や砂利を処分できる自治体が稀にあるそうですが、僕が住んでいる地域の自治体は受け入れ不可。

ただ、受け入れが可能な自治体も少量であれば可能というところがほとんどです。

皆さんの自治体が石や砂利を受け入れ可能か問い合わせてみましょう。

ホームセンターに相談する

ホームセンターによっては持ち込めば処分してくれる店舗があります。

ホームセンターは外構工事もやっているところが多いので、外構工事の下請け会社が処分するのでしょうね。

一度、近所のホームセンターで相談してみると良いかも・・。

庭を掘って埋める

僕もよく使う庭に簡単に掘れる場所があれば、穴を掘って石や砂利を埋める方法。

埋めた石や砂利分の土が余分に余りますが、土でしたらその周辺に均すことができます。

スコップでの作業ですので、少々体力を使いますが頑張ってくださいね!

ぬかるみに敷く

砂利であれば、敷地内のぬかるみに敷き均しましょう。

ぬかるみ対策には砂利敷きが効果がありますので、処分せずに再利用がオススメ。

ぬかるみの為にわざわざ砂利を購入する方もいらっしゃいますので、処分するのはもったいないですね。

近所の工事現場の人に相談する

これは裏ワザ的な方法なんですが、近所で工事をしていたらそ現場の監督さんや作業をされている方に処分の方法を尋ねてみましょう。

僕も仕事していたら、たまに近所の方に尋ねられることあります。

処分場を持っている会社の方でしたら「うちの会社の処分場に持って行ってあげるよ。」とか処分場が無くても近くの処分場を紹介してくれるはずです

工事をしている方々はコワモテな人や無愛想な人もいますが、以外と話し掛けられると真面目に相談にのってくれる方が多いですよ。

業者に依頼する

今までお話したのは比較的、少量の砂利や小さな石に関してですが、量の多い砂利や大きな庭石等の処分には業者に依頼するしか方法がないと思います。

大きな石はかなりの重量がありますので、まず車に積むことができません。

ご自身で重機がクレーン付きトラックで積んで処分場に持って行けるなら話は別ですが・・。

産業廃棄物処理業者に依頼する

近所の産業廃棄物処理業者に相談してみましょう。

自社で処分場を持っていますので、積み込みから運搬、処分まで一括して請け負ってくれる業者があるでしょう。

ネットで検索すれば業者が出てくると思いますが、それほど多くはないので近所にはないかもしれませんね。

土木建設会社に依頼する

建設会社はどこにでも沢山ありますので、近所の業者を探しましょう。

中には個人の小さな仕事は請け負っていない業者もありますので、事前に電話等で確認するのが良いかと思います。

外構業者、造園業者に依頼する

外構業者、造園業者さん共に比較的、小さな仕事でも請け負ってくれます。

個人的には一般の方が気兼ねなく依頼できるのは外構業者さんがいいのかな?とも思います。

外構業者さんは一般の個人に営業して仕事を請け負ってますので対応の良い業者が多い気がしますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

少量の砂利や比較的小さな石は、自宅の庭や敷地内で再利用等が出来ないか検討してみましょう。

出来ないようであれば、自治体やホームセンターに相談してみてはいかがでしょうか?

又、大きな石や多量の砂利は一般の方では太刀打ちできないので、業者に依頼した方が良いと思います。

何より安全で安心です。

一つだけ、絶対にやってはいけないのが、自身の土地以外に捨てる事はしないで下さいね。

小さな石だからとか少量だからでも駄目です。

不法投棄で厳しい罰則があるのと同時に犯罪者になってしまいますよ!

それでは、また♪( ´θ`)ノ