コンクリートのDIY

生コンクリートが誰でも購入できる注文方法!価格や生コン車の選定

生コン注文

こんにちは。

今回はコンクリート(生コンクリート)の注文方法についてお話させて頂きます。

  • 自宅の外構でコンクリートが必要だけど、量が多くて手練りできない・・
  • 土間コンクリートをDIYしたいけど、コンクリートの注文の仕方が分からない
  • 業者じゃなくても注文できるの?

こんな方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

コンクリートの注文ができれば、DIYの幅もぐっと広がりますよね。

自宅の駐車場だったり、タイルの下地だったりと・・。

それでは早速、誰でもできるコンクリートの注文方法を紹介します。

誰でもコンクリートは注文可能

生コン

コンクリート(生コン)は建設、建築業者ではなくても注文、購入可能です。

一般の方は現金のみの支払い方法になり、前金で支払うと安くなる事もあります。

コンクリートの価格

コンクリートの価格は地域と配合によって異なります。

コンクリート工場は地元地域の組合に加入しておりますので、価格は各組合で統一されています。

僕達の地域の一般的な配合の価格は、個人購入で1㎥あたり約20000円程度です。

あくまでも目安にして下さい。

コンクリート(生コン)の配合

これが一番、難しいです。

通常、公共工事や建築物では設計された時点でコンクリートの配合が指定されています。

指定された配合を注文すればいいだけなのです。

しかし、一般家庭などの民間工事で使用するのであれば、自分で配合を決める必要があります。

コンクリートの使用方法は様々ですが、何に使用するかによって配合も変わりますよね。

  • 駐車場のドマコンクリートにつかう
  • CBブロックの基礎に使う
  • タイルや石張りの下地コンクリートにつかう

配合については長くなりますので、別記事にて紹介させていただいてます。

生コン配合
DIYで使用する生コンクリートの配合は?スムーズに注文できるコツこんにちは。 今回はコンクリートの配合のお話をさせて頂こうと思います。 自宅の駐車場をDIYで土間コンクリートにしたい ...

生コン車の積載量

生コン車

大型車(10トン車) 最大積載量4㎥

中型車(8トン車)  最大積載量3㎥

小型車(4トン車) 最大積載量1.5㎥

一昔前は過積載が横行していましたが、現在ではほとんどの地域で積載量が守られています。

コンクリート(生コン)の配達の最低量

工場や組合によって配達の最低量が定められています。

参考までに僕達の地域の工場では、1.0㎥が最低量です。

これを下回ると割増が付く場合があります。

コンクリート注文の流れ

生コン車

生コンを予約

最低でもコンクリートを使用する2日前には、コンクリート工場に電話で予約をします。

余程、暇であれば別ですが、コンクリートを使用する当日に『今日、必要なんですけど・・』と言っても配達してくれません。

日程に余裕をもって予約をしましょう。

コンクリートの配達日時

まず希望の日時が空いているかを確認します。

基本的に休業日は日曜日です。

コンクリートの配達場所

配達場所を伝えます。

僕達が仕事で注文する際にはFAXかメールで配達場所を知らせます。

ここで大事なのは、大型車での配達が可能かどうかです?

配達場所までの通路が大型車でも通行できるか?

生コンを荷下ろしする際に大型車の駐車スペースがあるか?

これを確認して伝えましょう。

もし大型車(10トン車)では厳しいようであれば、小型車(4トン車)を指定します。

僕達の地域では小型車を指定すると、割増が付く場合があります。

配合を伝える

生コン 配合

あくまで一例です。

コンクリートの種類 普通

呼び強度 21

スランプ 8

粗骨材の最大寸法 20

セメントの種類 BB

普通 21820 BB順番の通りに数字と記号を伝えてください。

上記の配合は一例ですので、ご注意下さい。

価格を聞いて支払い方法を決める

必要量を伝えて総額の価格を計算してもらいます。

どのような支払い方法があるのかを確認して、支払い方法を決定して下さい。

予約配達日の前日に確認

予約した日の前日に確認の電話をしましょう。

コンクリート打設は天候に左右されますので、天気予報を確認して決行、中止の意向を伝えます。

予約日時に生コン車が到着

生コン打設

生コンクリートを打設します。

コンクリートの硬化と生コン車のスケジュールの理由から、打設は短時間で終わらせるようにしましょう。

一度の配達で足りない場合には空になった車に折り返して配達してもらうか、生コン車が空いていれば、一台目の荷下ろしが終わる頃に別の便で配達してもらうことも可能です。

コンクリートの割増料金

先に述べたように割増料金が発生する場合があります。

小型車指定にした場合

最低配達量を下回る場合

割増と言っても驚くほど高くはないので、工場に問い合わせてみると良いでしょう。

コンクリート(生コン)運搬の裏技

コンクリートを自分で運搬して購入価格を安くすることができます。

お勧めできることではないのですが、ダンプカーで生コン工場に取りに行き、運搬する方法です。

しかし、レンタル会社のダンプカーは生コン積載禁止になっていますので、ダンプを所有していたり、知り合いから借りる方法しかありません。

本当はダメなのですが、僕たちはレンタル会社のダンプカーに生コンを積んで、高圧洗浄機でキレイにして返却することも・・・m(_ _)m

マネしちゃダメですよ!

ダンプトラックをレンタルしてDIY!土砂や砕石、資材を運搬こんにちは。 今回は外構やお庭のDIYには欠かせない『ダンプトラックのレンタル』についてお話させていただいきます。 自宅...

まとめ

いかがだったでしょうか?

コンクリートの注文は難しいようで実は簡単です。

自分でコンクリートを手練りするのもいいのですが、量が多くなれば購入した方が絶対にオススメです。

品質は間違いないし、何より練る体力が必要ありません。

やった事がある方はご存知でしょうがコンクリートを練る作業は非常に大変です。

僕は建設業を20年ほどしていますが、コンクリートの手練りはやりたくない作業No.1です。

是非、皆さんもコンクリートを注文して自宅外構などDIYしてみてはいかがでしょうか?

それではまた・・♪(´ε` )

コンクリートをDIYする前に

外構や庭に土間コンクリートをDIYしようされている方に、2点ほどアドバイスをさせて頂きます。

  1. コンクリートのDIYはプロでも難しく失敗しやすい
  2. 施工範囲や規模によっては業者に依頼しても費用に差がないことも・・

コンクリートのDIYはプロでも難しく失敗しやすい

当サイトはDIYを推奨しています。

しかし、コンクリートのDIYに関しては、かなり難しい部類に入ります。

特に寒さの厳しい冬場や猛暑の夏は失敗しやすく、僕たちプロの建設業でも作業人員を増員して作業に臨むことも少なくありません。

施工範囲や規模にもよりますが、正直なところプロに任せることも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

工事の内容次第では費用の差がないことも・・・

自宅外構や庭をDIYされる方の一番の目的は『費用の節約』だと思います。

実際に僕も費用節約の為に自宅の外構や庭をDIYしてきました。

しかし、建設業20年超の僕が言いたいことは『大した費用節約にならない・・』ことも。

DIYをするのであれば、次のような費用も考えておかないといけません。

  • 道具や工具の購入費用
  • 工具のレンタル費用
  • 手伝いに来てくれた方へのお礼や食事代
  • 個人購入のコンクリート代金(業者購入より割高)

 

実は工事の内容によっては、自身でDIYしても業者に依頼して施工してもわずかな金額の差しかないこともあるんです。

わずかな費用節約であれば、プロに任せてキレイな仕事をしてもらった方が絶対にいいですよね?

それに加えプロの業者であれば、万が一の際に保証だってあります。

その為にはまず、業者の工事の価格を知ることが大事です。

コンクリートのDIYで一番怖いのは『失敗』

素人に失敗は付き物ですが、プロの業者には失敗がほとんどありません。

コンクリートのDIYで一番怖いのは『失敗』です。

例えになりますが、コンクリートのDIYを失敗してしまうと費用が倍以上になることも少なくありません。

  • 失敗したコンクリートの取壊し費用
  • 取壊したコンクリートの運搬費用と処分費用
  • 新たにコンクリートを施工する費用

上記のように莫大な費用がかかることは間違いありません。

プロの業者は保証がある

先にも述べましたが、プロの業者には保障があります。

万が一、業者側に瑕疵があった場合は保証に基づき、適切に対応してくれます。

しかし、自身のDIYが失敗した場合は、諦めて莫大な費用で業者に依頼するしかありませんよね。

業者に見積もりを依頼する

業者の工事の価格を知るには、当然見積もりを依頼しないといけませんが、

  • 近くの業者に電話して来店したり、来てもらうのが面倒・・・
  • 小さな工事なので気が引ける・・・
  • 見積もりだけ依頼したら費用を請求されそう・・・

そんなんです。僕もこれが嫌だし面倒だから、自宅外構や庭をDIYしてきたんですが・・・。

最近では業者の工事価格を知る非常に便利なサイトがあります。

自宅の外構、庭のプランと見積もりを製作してくれるサイトなんですが、完全に無料

見積もり依頼して『やっぱり無理です・・・』って断っても無料

面倒な思いをしなくても、無料で工事の価格を知ることができます。

見積もりが高ければDIY

見積もりが高ければ気合を入れてDIYすればいいし、見積もりが安ければ業者に依頼。

ご自身でDIYするかどうかは、工事の価格(見積もり)を知ってからでも遅くはありません。

既に業者に見積もり済みでも安くなる可能性が・・

また、既に外構業者に見積もりを依頼済みの方も相見積もりを依頼して、競合させることで大幅に費用を節約することが可能です。

パパ
パパ
相見積もりは2〜3社ほどに依頼するのが良いとされています

このサイトで既に見積もり済みの業者と競合させて、大幅値引きを獲得しましょう。