DIY作業

DIY作業 コンクリートやCBブロックの切断工具と方法は?

コンクリート切断
パパ
パパ
駐車場のコンクリートを切断したいんだけど僕でもできるかな??
はっち
はっち
コンクリートの厚みによっては切断可能だニャ〜

こんにちは。

今回もDIY作業シリーズ『コンクリートを切断する!』のお話させて頂きます。

外構や庭作りのDIYでは既存のコンクリートやCBブロック、アスファルト等を切断する作業が少なからずあるかと思います。

切断する方法としては数種類の工具を使用しますので、切断する物や切断の深さ別に説明していきたいと思います。

コンクリートブロックの切断

CBブロック切断

一般的なCBブロックは10cm、12cm、15cmの厚みの種類があります。

通常、コンクリートブロックの切断には『ディスクグラインダー』を使用しますが、コンクリートブロックの厚みによってディスクグラインダーのサイズも変えると良いでしょう。

ディスクグラインダーには下記のサイズがあります。

・100mm
・125mm
・150mm
・180mm

その中でも主流なのが100mm、125mmです。この数字はディスクの径ですので実際に切断できる深さではありません。

100mmのディスクグラインダーで3cm程度、125cmのディスクグラインダーで5cm程度の切断深さになります。

ディスクグラインダーでコンクリートブロックを切断するには先端のディスクをダイヤモンドカッターに交換します。

ダイヤモンドカッター

間違ってもコンクリート研削用などのディスクは使用してはいけません。

必ずコンクリート切断用のダイヤモンドカッターで切断しましょう。

コンクリートブロックの肉厚が厚くて1度で切断できない場合には、ディスクグラインダーで溝付けをして平タガネ等を使い、石頭ハンマーで叩くと溝の線で割る事ができます。

タガネ

コンクリート、アスファルトの切断

それではコンクリート、アスファルトの切断についてお話させて頂きます。

厚みのないコンクリート、アスファルト

厚みのない(厚みが5cm以内)コンクリート、アスファルトについては先程の『ディスクグラインダー』にダイヤモンドカッターを付けてコンクリートブロック同様に切断しましょう。

ディスクグラインダーとタガネやノミ又は電動ピック等で何とか切断可能です。

ダイヤモンドカッター

厚みのあるコンクリート、アスファルト

5cm以上の厚みになるとディスクグラインダーでは少々、厳しくなります。

できなくはありませんが5cm〜10cm程度の厚みではディスクグラインダーで溝付けして電動ピックでハツる事で切断が可能ですが時間はかかります。

そこで一発で10cm〜15cm程まで切断できるコンクリートカッターというものがあります。

エンジンカッター エンジンカッター

コンクリートカッターには様々な種類があります。上の画像は『エンジンコンクリートカッター』です。

  • 電動コンクリートカッター
  • エンジンコンクリートカッター
  • 手押し式エンジンコンクリートカッター など

こちらはプロ用でホームセンター等では扱っている所は少ないでしょうし、価格も数十万円しますので建設機材、工具のレンタル会社でレンタルしましょう。

工具をレンタル
工具をレンタルしてDIYしよう!全国の建機、建設機材レンタル会社 どうも、こんにちは。 皆さんはDIYする際にプロが使ってるあんな道具やこんな道具があったら、簡単に素早く作業ができるんだけどな...

粉塵やエンジンの音が凄いですが威力は抜群です。

街中や住宅街では苦情の恐れがあるので注意しましょう!

15cm以上の厚みのコンクリート、アスファルト

DIYレベルでコンクリートなどを切断できるのは、15cm程度が限界と思います。

ヤル気があればエンジンカッターとエアーコンプレッサーでコンクリートブレーカーを併用して切断可能ですが、プロに任せた方が無難です。

15cm以上のコンクリート、アスファルトを切断する場合にはコンクリートカッター、アスファルトカッター専門の工事業者に依頼しましょう。

量にもよりますが切断した後も産業廃棄物として搬出しないといけませんので、土木工事業社や外構業社に依頼しましょう。

別々に依頼するのが面倒な場合には土木工事業社や外構業社に一括で依頼するとまとめて請け負ってくれますのでそちらの方が安心かと思います。

コンクリート殼

コンクリート、アスファルト切断には保護具が必要

コンクリート、アスファルト切断時には粉塵と切断片の飛散、エンジン音や切断音が発生します。

必ず保護具を着用して作業を行いましょう。

必要な保護具

保護メガネ
粉塵マスク
イヤーマフ
革手袋

回転工具や高所作業は頭と顔を保護して安全なDIY作業をしよう! どうも、こんにちは。 皆さんはDIY作業などをする際には保護具をきちんと着用していますか? 保護具は私たちの体を危険から...

まとめ

いかがだったでしょうか?

コンクリートを切断する作業は簡単そうに見えて実は体力も必要ですし危険な作業です。

保護具を身に付けて怪我の無いよう、万全な体制で挑みましょう。

DIYレベルで切断延長が数メートルにもなると不可能に近いです。少しでも不安な場合には無理をせずにプロにお任せしましょう。

怪我をしてしまっては元も子もありません。

簡単で自身のある作業をDIYすればいいじゃないですか!

それでは楽しいDIYライフを・・♪( ´▽`)

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コンクリートを削る
DIY作業 コンクリートを削る工具と方法 削るとハツるの違いは?こんにちは。 今回はDIY作業「コンクリートを削る!」をお話ししたいと思います。 外構や庭作りをDIYしていると「このコンクリート、...