DIY作業

DIY作業 コンクリートを削る工具と方法 削るとハツるの違いは?

コンクリートを削る

こんにちは。

  • コンクリートの仕上げを失敗したから削りたい・・
  • コンクリートやモルタルの表面が凸凹していて平らにしたい・・
  • コンクリートを削って薄くしたい

このような悩みを解消します。

外構や庭づくりのDIYしていると「このコンクリート、少し削りたいな・・」そんな事が時々あるのですが・・・。

では、コンクリートやモルタルを削るにはどんな工具と方法があるのかを一級土木施工管理技士の僕が説明していきたいと思います。

ディスクグラインダーで削る

ディスクグラインダー カップリング

ディスクグラインダーにダイヤモンドのカップリングを装着。

コンクリートでしたら5mm〜1cm程度、モルタルでしたら根気が必要ですが、数cm削れます。

コンクリートは粗骨材(砂利)が入っていますので、グラインダーで削るなら5mm〜1cm程度が限界でしょう。

もちろん、コンクリート、モルタル共にそれ以上、削る事も可能ですが、非常に時間が掛かります。

粉塵がすごいので保護メガネと防塵マスクは必ず装着して作業を行いましょう。

グラインダーと電動ピックで削る

コンクリートを数cm削りたい場合には、グラインダーと電動ピックを併用しましょう。

まずグラインダーにダイヤモンドカッターを装着して、削りたい箇所に格子状に切れ目をいれます。

ダイヤモンドカッター

切れ目を入れた箇所を電動ピックでハツります。

切れ目を入れなくてもハツれるのですが、切れ目を入れた方が簡単ににハツれます。

電動ピック

電動ピックである程度、平らにハツった後にダイヤモンドカップを装着して平滑に削ります。

ディスクグラインダー

これの作業を繰り返し行えば時間は掛かりますが、コンクリートを数cm削る事が可能です。

コンクリートをさらに深く削る場合

コンクリートを数cm程ではなく更に深く削りたい場合には、削る作業では無く、コンクリートをハツる作業になりますので別記事でご紹介させて頂きます。

削るとハツるの違い

コンクリートを削るとハツるはどう違うの?と思われる方がいると思いますので説明します。

削るというのは今まで説明してきたように薄く、ミリ単位でけずる作業です。

薄く削っていますので、削ったコンクリートは粉になります。

また、ハツるというのはコンクリートを割って崩す作業です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

DIY作業レベルでのコンクリートを削る作業は、今までお話した方法くらいしかありません。

もっとコンクリート深く削りたいというのであれば、コンクリートをはつる作業になりますが、危険な作業の上、ハツった後の産業廃棄物処理などを考慮すると業者に依頼することをオススメします。

小面積や薄い削りでしたらDIYでも十分に可能ですが、電動工具を使用しますので騒音や粉塵(ふんじん)が発生して住宅地や街中では苦情が出るおそれもあります。

近隣の方の配慮も忘れないように心掛けてください。

それとくれぐれも怪我はしないように保護具を着用して安全な作業を行ってくださいね!

それでは楽しいDIYライフを ٩( ‘ω’ )و